StudioOne「ループをシフト」のススメ

こんにちは!アンドリューです!

先日、書店でStudioOneのガイドブックで便利なショートカットキーを見つけたのでご紹介させてください!
このショートカットキーはメチャメチャ便利でよく使うのでとても重宝しますよ!
いや、マジでこれを知ると生きててよかったと実感できるくらいです。
(こんなにハードル上げて大丈夫?(笑))

 

その便利なショートカットキーは「ループをシフト」
ループを設定してある場合、そのループ範囲が次のスワンスパンまで移動するというもの。
例えば、1小節目から4小節目のループ範囲を一発で5小節目から8小節目に移動できるのです。

 

これ、耳コピの時にいいと思います。
僕の場合、原曲をソングファイルに読み込ませてあり、それをトレース(なぞる)して曲のコピーをしています。
で、ループで何回も聴いて、レコーディング。
そして次のスパンに移動させて耳コピ&レコーディングしているんです。

今までは、マウスで移動させていましたが、ショートカットキーでやるとやっぱり早い!
どんどんループを移動できます。

 

しかし、このショートカットキーは最初から設定されているわけではなく、自分で設定しなければいけません。

設定画面→ショートカットキー→トランスポートの「ループをシフト」でできます。

オススメはループの[L]の右隣の[;]です。ループをとなりに移動させるイメージができますよね。

※SONARのショートカットキーですが。。。

そして、「逆にシフト」もあるので一緒に登録しておきましょう。
逆なので、Lを挟んだ反対隣の[J]がいいかなと思ったのですが、登録済みなので僕は[Shift]+[;]…つまり[+]にしました。
これなら迷うこともないし、逆はあまり使わないので[Shift]と同時押しでもいいかなと思います。

 

ちなみにこの機能SONARやCubaseでは見つからないので、結構オンリーワンの機能かもしれませんね。
StudioOneやりますね。SONARが本当にダメになったらStudioOneに移行する予定なので、心強いです。

※SONARがBandlabに拾われてCakewalkになる前の記事です。しかし、ほとんどStudioOneを使っています。コード解析機能は素敵すぎ。。。

 

 

 

0
■■ ブラックフライデー情報 ■■
ブラックフライデーのセール情報コーナーです! 僕が持っていてこのブログで紹介しているプラグインを中心にご紹介しています!

Nexus2 $249→$199 購入
簡単にいい音出ちゃうプラグイン音源。ダンス系のDrumのエキパンは超オススメ!
Sylenth1 €139→25% off 購入
ベルとSuperSawは僕の鉄板!
Falcon 42120円→27360円 購入
出音が素晴らしいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTは好かない人に(笑)
Waves HOLIZON 480,000円→29,800円 購入
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。お値段間違えじゃないですよ?なんと94%オフ!!その他DiamondやPlatinumも安くなってますよ。買うならこの時期!
Waves H-COMP Get Free!0円! GET!
WAVESのビンテージコンプの無料配布やってます!メアド登録とWaves の集中管理ソフトのインストールはいります。とりあえずデジタル臭さを取りたいならこれ!

※2018年11月22日現在。終わっていたらごめんなさい(;´∀`)

StudioOne
スポンサーリンク
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
記事を紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
アンドリューのあっちこっちDTMブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました