【Waves】Platinumのプラグインのぷち解説とプチレビューしてみた【入門編】

今度はGoldの一つ上のバンドルPlatinumのプラグインの紹介とちょっとレビューでっす!

PlatinumはGold以下のプラグインも全部入っているので、Gold以外のPlatinumのプラグインを掲載しています。
Gold以下のプラグイン一覧はこちらのページにまとめてあるのでチェックしてみてくださいね。

Silverはこちら
Goldはこちら

※ちなみに今編集中の記事です。雑くてごめんなさいw

L2 Ultramaximizer(リミッター・マキシマイザー)

いきなりこれきましたか(笑)定番リミッターですね。
L2は僕もよく使っていて、とにかくクリアできれいに音圧があがります。
設定項目も少なくって初心者さんでもつかえますよ。

プロでも愛用している人は多く、僕もこれを目当てにGoldじゃなくPlatinumを選んだくらいです!(Holizon買ったけど)

特徴参考になるページ画像
  • ManualおよびARC™ Automatic Relase Control
  • IDR™ 倍精度Increased Digital Resolution
  • ビット再クオンタイズ9段階のノイズシェイプフィルター付ディザー
  • 倍精度ビット解像度処理

L3 Ultramaximizer(リミッター・マキシマイザー)

L2の後継ですが、サウンドキャラクターの味付けもできるリミッターです。
さらにマルチバンドのリミッターL3 Multimaximizer、それぞれのローレイテンシー版L3-LL Ultramaximizer、L3-LL Multimaximizerもラインナップ。

なのですがL3-LLは味付けがほとんどなくって使いやすいなと思います。

特徴参考になるページ画像
  • スイートな高域とパンチのある低域が得られるLinear Phase EQ (マルチバンドのみ)
  • IDR™ 倍精度Increased Digital Resolution
  • ビット再クオンタイズ9段階のノイズシェイプフィルター付ディザー
  • MasterおよびIndividual ARC™ Automatic Release Control
  • L3 Multimaximizer、L3 Ultramaximizer、L3-LL Multimaximizer、L3-LL Ultramaximizerの4プラグインを収録

Liner Phase EQ(EQ)

位相ずれをなくしたイコライザープラグイン。
位相ずれがないのはいいのですが、PCUの負荷が高かったり、アタックが不鮮明になるプリリギングという副作用も出るかもしれないので使い所を見極めたいEQです。

けど、ナチュラルなEQがかかるので覚えておいて損はないでしょう。マスターや極端なEQをしないトラックで使うのがオススメ。

特徴参考になるページ画像
  • 2 Plug-inコンポーネント:LowbandコンポーネントとBroadbandコンポーネント
  • 9種類のリニアフェイズフィルター
  • 5バンドのパラグラフィックEQ、さらに低周波専用バンド
  • 各バンドごと+/- 30dBのゲイン変更範囲
  • 倍精度ビット解像度処理
  • Mono/Stereoコンポーネント

Liner Phase Multiband Compresor(コンプレッサー)

Liner Phase EQと同様、Liner Phaseのマルチバンドコンプレッサーです。位相ずれのないコンプってことですね。
特性的にはLiner Phase EQと同じなので、マスタリングで使うといいでしょう。

特徴参考になるページ画像
https://www.youtube.com/watch?v=uGQCTohmkIA

MAXXVolume(ダイナミクス処理)

コンプと違い小さな音量だけを持ち上げるプラグイン。MV2の兄貴分らしいですよ。雰囲気を損ねずダイナミクスの処理ができます。
MV2との違いは、大音量と少音量のスレッショルドとキャラクターがつけられるところでしょうか。

特徴参考になるページ画像
  • 高レベルコンプレッション
  • 低レベルコンプレッション
  • ゲート
  • レベリング(オートゲインコントロール)
  • 倍精度ビット解像度処理
  • Mono/Stereoコンポーネント
<a href=”https://www.minet.jp/contents/article/waves-single-pickup-maxxvolume/”>WAVES Singleプラグインピックアップ – Maxx Volume</a>

PuigTec EQs(イコライザー)

実機イコライザーのモデリングプラグイン(シリーズ?)。PuigTEC EQP-1AとM-EQ5をそれぞれを再現したそうです。

EQP-1Aは、同じ周波数を同時にブーストとカットできるらしく・・・まぁ、意味分かんないですよね。(僕はレゾナンスシェルフ知ってましたけど(自慢?))

MEQ-5は、ミッドレンジに強いみたいです。
両方合わせてフルレンジビンテージEQチェーンになるそうです。
ちょっと意味わかるようでわからない(;・∀・)

ちなみに実機は現在でも30~40万円らしいです。そう聞くとありがたみありますねw

あと、このPlugTecのEQは刺すだけで音が変わるらしいです。一度試してみては?

特徴参考になるページ画像
EQP-1Aによるユニークなレゾナンスローシェルフブースト
ミッドレンジに重点を置いたMEQ-5でEQP-1Aの効果を補完
Mono/Stereoコンポーネントを収録

Renaissance BASS(低音強化)

MaxxBassの後継版の低音強化プラグイン…ですがResonanceシリーズ。MaxxBassより新しいのでより効果があるそうです。しかもインターフェースもシンプルで操作しやすいので使いやすいです。
ベースを強化しようと思ったらとりあえずR-Bassですわ。

特徴参考になるページ画像
・ 進化したMaxxBassアルゴリズム
・ シンプルなインターフェイス
・デジタルクリップとは無縁の高い信頼性
・最大1.5オクターブまで、認識可能な低周波帯域を拡張。どんなシステムでもよりビッグなベースを再生可能
・最大24bit/192kHzの解像度
・Mono/Stereoコンポーネント

Renaissance DeEsser(ディエッサー)

ルネッサンスシリーズのディエッサー。ボーカルトラックのサ行の発音の耳障りな周波数をカットしてくれます。

SilverバンドルにDeEsserはありますが、それよりも細かい設定ができるようですよ。

特徴参考になるページ画像
・トラック処理、マスタリング、ライブサウンド、放送に最適
・Adaptive ThresholdとAjustable Gain Reduction
・位相を補正するクロスオーバー
・AudioとSide-chainモニタリングを切替可能
・倍精度ビット解像度処理
・Mono/Stereoコンポーネント

Renaissance Channel(チャンネルストリップ)

ルネッサンスシリーズのチャンネルストリップ。EQ、コンプ、リミッター、ゲートをまとめたプラグイン。とりあえずチャンネルに挿しちゃえ!って感じで気軽に使えます。それで足りなかったら他の単独プラグインを挿せばいいと思います。難点はEQは4つのポイントしかなく、画面が小さいことかな。チャンネルストリップだから割り切って使うのがいいんじゃないかな。

Wavesの他のバンドルに入っているチャンネルストリップは、GoldのAudioTrack、Horizonの Kramer HLS Channelがありますよ。

特徴参考になるページ画像
・4つのプロセッサーを一つに統合
・独立したGateとCompression
・Renaissance EqualizerおよびRenaissance Compressorの遺伝子を受け継ぐビンテージタイプのEQ/コンプレッサー
・センターチャンネルサウンドに影響を与えることなくレベルバランスをコントロールするステレオローテーションコントロール
・ゲート/コンプレッション処理の際サイドチェーンルーティングおよびフィルタリングを別途設定可能
・倍精度ビット解像度
・Mono、Mono-to-Stereo、Stereoコンポーネント

Renaissance VOX(ボーカルプラグイン)

ルネッサンスシリーズのボーカルプラグイン。VOXというとギターのアンプを思いだしますが違いますw
主にボーカルトラックのコンプやゲート処理ができます。2ノブでコントロールできるので、考えずに感じたい時にいいかも(わかるようなわからないような)

特徴参考になるページ画像
  • コンプレッション/リミッティング/レベルマキシマイズを1ノブで操作可能
  • ノイズゲートに効果を発揮する柔らかな質感を持つダウンワードエキスパンダー搭載
  • 最小の操作で最高の結果をもたらします
  • 倍精度ビット解像度処理
  • Mono/Stereoコンポーネント
0
■■ my DTMgearの紹介 ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

StudioOne4 Professional >>価格チェック レビュー記事
使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Falcon >>価格チェック レビュー記事
出音が素晴らしいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 >>価格チェック レビュー記事
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus2 >>価格チェック レビュー記事
簡単にいい音出ちゃうプラグイン音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!
Waves HOLIZON >>価格チェック
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。
SynthMaster >>価格チェック レビュー記事
最近使い始めてますが、なかなかいい感じのソフト音源です。EDM向けのONEがおすすめかな。まずはSynthMasterPlayerで試してみては?

※2019年3月6日現在。終わっていたらごめんなさい(;´∀`)

WAVES
スポンサーリンク
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
記事を紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
アンドリューのあっちこっちDTMブログ

ありがたいコメント\(^o^)/ コメントくださいまし。優しくしてね(笑)

タイトルとURLをコピーしました