【6/26】深夜の2時間DTMに参加したぜメモ!【お題はビットクラッシャー】

こんにちは!アンドリューです。

今回は、またまた深夜の2時間DTMに参加させていただいたので、その時の制作メモ的な記事を書いてみました。

これから2時間DTMに参加してみようという人の参考になればと思います。

 

で、今回のお題は「ビットクラッシャー※を使った曲」。

 

※ビットクラッシャー:エフェクターの一種で、音声ファイルのビットレートを落としたりする効果があります。ファミコンのような音になるのでチップチューンなどに使われたりしますよ。

で、今回の作品をお聴きくださいな。

 

てな感じです。

個人的に好きな曲調になりました。
TKっぽさを全面に出したので、TK好きはキュンと来るのでは?(笑)

で、今回のお題を聞いてノートに作戦というかアイデアを書きました。※

※制作方針は決めておくとブレなくていいですよ。
(その時のノリで方向転換ももちろんあり!行き詰まった時に制作方針に立ち戻ればok)

 

■アイデア
・ビットクラッシャーを全面にはださない
・出落ちはしない
・逆にキレイなものにしてみる
・ピアノから始めて、ビットクラッシャーのキックかベースのEDM
・Nexusメインでやってみる

こんな感じにしました。

それぞれ細かく見ていきましょう。

 

■ビットクラッシャーを全面にはださない

お題はビットクラッシャーだけど、全面的に使ってしまうのは個人的にダサいかなと。

たとえばファミコンサウンド(チップチューン)ってそのままじゃないですか。芸がないというか。

まぁ、やる人は多いと思いますけどね。

だから、ちょっとはひねりたいなと。

 

■出落ちはしない

さっきのと一緒で出落ちしちゃうとその先聞いてもらえるかな~って疑問です。

曲を聴いてみて、いきなりビットクラッシャー全開でーす!って言う曲だったら、僕だったらよっぽどヒマじゃないと聴かない。

オートプレイで電車に乗っていたり作業中に聴くんだったら聴くけど。

リスナーってヒマじゃないと思うんだな。とりあえず、出だしだけでもおっと思わせて爪痕を残したい(笑)

 

■逆にキレイなものにしてみる

ビットクラッシャーって、どちらかという歪ませる感じでダーティーだと思うんです。

ならば逆にキレイな曲にしてみたらどうかな?と思いました。

この対比がうまくいけば、ビットクラッシャーも引き立つと思うんです。

 

■ピアノから始めて、ビットクラッシャーのキックかベースのEDM

この流れで行くと、ピアノの導入から入ってきれいな曲っぽくしていく感じになるかなと。

で、ビットクラッシャーと相性のいいEDMなどのダンスミュージックが本編でいいかなと。

これならダンスミュージック対比できますからね。

 

■Nexusメインでやってみる

これは僕が尊敬しているDTMerさんがNexusメインでやればクオリティーが上がりますよと教えていただけたので、一度実践してみます。

Nexusって、いい音源だけどEDM向けな気がする…けどよく考えたら普通の音色の入ってるんですよね。

とにかくメインの音源を決めておくのは迷わなくていいと思うのです。

 

細かく説明するとこんな感じでした。

いかがでしたか?ちょっとは参考になりましたか?

 

で、曲制作の流れですがこんな順番でした。

・ピアノのリフ
・リズム
・ベース
・イントロづくり
・メロ
・エンディング
・ダウンリフター(ドーン)

 

…こんな風に順調に曲は作れたのですが、一つ問題が。

あれ?ビットクラッシャーどうしよう!どこに入れよう!という問題が(笑)

 

で、しばし考えて、とりあえずリズムとかベースにかけてみました。

ベースは音が厚くなるだけで邪魔だったのですが、リズムにかけるといい感じにリズムにビットクラッシャーが絡みついてくるんですよね。

というわけで、採用。

けど、それだけじゃビットクラッシャー感がないなーというわけで、エンディングで大々的につかってみました。

メロのロングトーンのところにオートメーション※を使ってビットクラッシャーをかけました。

で、最後のダウンリフターのあとにもいれて爆発のあとの爆風感を出せたんじゃないかな?と(笑)

※StudioOneでオートメーションのレコーディングしたことなかったから操作がわからず焦りましたが。。。

 

 

 

■■ 愛用しているDTM機材・プラグインの紹介コーナー ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

■DAW/オーディオインターフェース編
StudioOne4 Professional  レビュー記事 サウンドハウス
使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Roland OCTA-CAPTURE サウンドハウス アマゾン
Rolandのロングセラーオーディオインターフェース。10入力10アウトあるからなにかと使い勝手がよくてお気に入り!ハードシンセやギター、ベース、ボーカルをいろいろ録る時に特に便利!マルチプレイヤー系DTMerにいいかも!

■音源プラグイン編
Avenger レビュー記事 
ダンス系で超お気に入りプラグイン。1つの鍵盤押すだけでリズムとベース、ウワモノまで自動で鳴る音色も!これがなかなか楽しいんだな♪
Falcon レビュー記事 サウンドハウス
出音が素晴らしいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 レビュー記事 公式 
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus2 レビュー記事 公式 
簡単にいい音出ちゃうプラグイン音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!
SynthMaster レビュー記事 PluginBoutique 
最近使い始めてますが、なかなかいい感じのソフト音源です。EDM向けのONEがおすすめかな。まずはSynthMasterPlayerで試してみては?

■オーディオプラグイン編
iZotope Neutron3 ADVANCED レビュー記事
噂のAIミックスプラグイン。全チャンネルに挿して使ってしまうくらい癖になる…っていうかこれがなくては生きられないくらい頼り切りです(笑)
Fabfilter Pro-Q3 レビュー記事 PluginBoutique
かなり使いやすいイコライジングプラグイン。EQはこればかり使ってます…。
Waves HOLIZON サウンドハウス
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。今となっては少し時代遅れだけどもまだまだ使えます。

※2019年9月6日現在。終わっていたらごめんなさい(;´∀`)

深夜の2時間DTM
スポンサーリンク
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
気に入っていただけましたか?記事をSNSなどで紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
あんどりゅーのあっちこっちDTMブログ

ありがたいコメント\(^o^)/ コメントくださいまし。優しくしてね(笑)

タイトルとURLをコピーしました