Cakewalk by bandlabの音源追加方法(かんたん版)

こんにちは!アンドリューです!

え?Cakewalk by bandlabの音源の追加方法を知りたい?

じゃあ、手っ取り早くレクチャーしましょう。
まずはこの3つの流れを頭にいれましょう。

・VST※1パスの確認をする

・VSTパスにVSTファイル(.vst)※2を置く

・設置後ソフトの再起動か検索操作をする

ね?かんたんでしょ?
ちなみに音源プラグインもエフェクトプラグインも同様の操作でOKですよ。

※VST:音源(シンセ)プラグインやオーディオプラグインの規格で一番普及しているタイプ。音源プラグインの規格は正確にはVSTi。VST2とVST3があるけどVST3の方が新しいからVST3を選んでおけばOKだと思います。。。
※VSTファイル:VSTプラグインの本体…だと僕は思ってます(笑)

VSTプラグインの追加の流れ

では、それぞれを詳しく説明していきましょう。

VSTパスの確認をする

CakewalkのVSTパスは[環境設定]→ファイル>「VSTプラグイン」画面の「VSTプラグインの検索」の項目で確認できます。
登録されているパスなら、どこでも認識できますよ。

新しく追加もできますよ。[追加(A)]ボタンからパス※を追加します。

CakeWalkのVSTパス。
複数指定できるので他のDAWソフトの物も共存できるのです。
ちなみに環境設定はPのキーを押しても出てきますよっ。
※パス:path。直訳は小道とか細道。パソコン用語としては、ファイルやフォルダの置き場所的な意味です。ドライブの最上部からたどるイメージですね。

VSTパスにVSTファイル(.vst)を置く。

VSTパスにプラグインのVSTファイルを置きます。
プラグインのフォルダーごとでもいいのですが、.vstの拡張子のVSTファイルがあると思うので、VSTパスに置きます。

Cakewalkの場合、c:\program files\cakewalk\vstpluginsがデフォルトです。
そこでもいいのですが、僕は他のDAWソフトでも使うのでc:\program files\vstpluginsにしています。
他のDAWソフトでも前者のパスを指定すればいいのですが、面倒だし管理も煩雑になるのでPC上でなるべく統一して後者のパスにしています。

ちなみにインストールがあるプラグインはVSTパスにインストールしなくてもOKですよ。
VSTフォルダーの指定がある場合は、設定してあるVSTパスを入力します。

まぁ、混乱したらVSTパスにインストールしましょう(笑)

Cakewalk>VSTフォルダ。元から付属しているソフト音源もこちらに入っている。
ちなみにTTS-1はVST規格じゃないのでありまてん。。。

設置後ソフトの再起動か検索操作をする

VSTパスにVSTファィルをインストールしたらDAWの再起動が検索をしましょう。
検索は[環境設定]→[VSTプラグイン]の「検索オプション」項目の[検索開始]ボタンからできます。
検索オプションを「手動検索」にして検索するといいでしょう。

基本、一度DAWが認識したらその後はそのままでDAW起動時に自動的に見つけてくれます。

その場で新規プラグインをチェックしたい場合は手動検索からの検索開始ボタン!
普段は自動バックグラウンド検索が吉。

ちなみにこんな方法も

環境設定でやる方法だけでなくCakewalk Plug-in Managerでやる方法もありますよ。

[ユーティリティー]→[Cakewalk Plug-in Manager]でアクセスできます。
この方法についてはこちらのサイトで詳しく解説してあったので、参考にしてみるといいでしょう。

今回のシメ!

というわけで、Cakewalk by Bandlabの音源追加についてご紹介してきました。

つまり、プラグインにはvstファイルというものがあり、そのファイルをDAWソフトが認識しているVSTパスにおいて認識させるっていうわけです。

これであなたのCakewalkにエフェクターや音源が充実することでしょう。

ちなみにエフェクター系でオススメは、有料はiZotopeのNeutron3とかOzone8でしょう。
自動でもある程やってくれますし、手動でもできます。
Wavesは以前は人気あったのですが、今は時代遅れ感があるので。。。
(前はオススメしていたのですが)

音源は無料ならSynth1。ほぼ無料ならXpand!2。
ジャンルによりますが有料ならNexus2かAvengerがオススメです

そろそろ書き疲れたのでまた♪(笑)

■■ my DTMgearの紹介 ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

■DAW/オーディオインターフェース編
StudioOne4 Professional  レビュー記事 サウンドハウス
使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Roland OCTA-CAPTURE サウンドハウス
Rolandのロングセラーオーディオインターフェース。10入力10アウトあるからなにかと便利。ハードシンセやギター、ベース、ボーカルをいろいろ録る時に特に便利!

■音源プラグイン編
Avenger レビュー記事 
ダンス系で超お気に入りプラグイン。1つの鍵盤押すだけでリズムとベース、ウワモノまで自動で鳴る音色も!これがなかなか楽しいんだな♪
Falcon レビュー記事 サウンドハウス
出音が素晴らしいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 レビュー記事 公式 
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus2 レビュー記事 公式 
簡単にいい音出ちゃうプラグイン音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!
SynthMaster レビュー記事 PluginBoutique 
最近使い始めてますが、なかなかいい感じのソフト音源です。EDM向けのONEがおすすめかな。まずはSynthMasterPlayerで試してみては?

■オーディオプラグイン編
iZotope Neutron3 ADVANCED レビュー記事
噂のAIミックスプラグイン。全チャンネルに挿して使ってしまうくらい癖になる…っていうかこれがなくては生きられないくらい頼り切りです(笑)
Fabfilter Pro-Q3 レビュー記事
かなり使いやすいイコライジングプラグイン。EQはこればかり使ってます…。
Waves HOLIZON サウンドハウス
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。今となっては少し時代遅れだけどもまだまだ使えます。

※2019年9月6日現在。終わっていたらごめんなさい(;´∀`)

Cakewalk(SONAR)
スポンサーリンク
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
気に入っていただけましたか?記事をSNSなどで紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
アンドリューのあっちこっちDTMブログ

ありがたいコメント\(^o^)/ コメントくださいまし。優しくしてね(笑)

タイトルとURLをコピーしました