【AI マスタリング】Ozone持ちでもINTENSITYは買いか?【比較音源あり】

この記事は約4分で読めます。

こんにちは、DTM楽しいブロガーのあんどりゅーです(なんだそれw)
今回は「Ozone持ちだけどINTENSITYは買いか?」についてお話します。
Ozone持っているけど、INTENSITYも興味あるんだよね~っていう人もいると思います。
どちらも有名なAI系マスタリングソフトですよね?

そこでそんなあなたのためにOzone9 ADVANCEDを持っているあんどりゅーが、INTENSITYとの差などをレビューしてみたいと思います。
では、いってみましょう。

※2022年1月13日音源と画像を追加しました。

結論「Ozone持ちでもINTENSITYは買い!」

…と、その前に時間のない人の為に結論からお話しましょう。

OzoneINTENSITYはどちらもマスタリングで使うんですが、いろいろと違うところがあります。
なので、Ozone持ってても、INTENSITYを導入する価値はあるでしょう。
では、その理由をご説明していきましょう。

OzoneとINTENSITYは効果が違うのですよ

まず、OzoneとINTENSITYで入力に対してのかかり方が違います。

いつもOzoneでマスタリングをやっていてINTENSITYを試した時正直、あまり魅力は感じませんでした。
評判があまりにもいいのでその落差で、正直そこまでかな?と思ってしまいました笑
【AIチート】INTENSITYは本当に魔法のブラグインなのか?【レビュー】

INTENSITYは、Ozoneに比べて奥行きがある感じですね。空間を感じられます。
リバーブ成分ではないのですが、なぜか空間を感じられます。
そして、まとまりもでます。
ただ個々のパートの芯が少しぼやけるかなといった印象です。

で、かかり方が違うので、元の2mixで使い分けもいるのかなって感じです。
Ozoneは、普通にミックスしてからマスターに刺す感じですよね。
通常のマスタリングのように。

INTENSITYはミックスでは音圧をあまり上げず、最低限のコンプやEQで処理して通すといい感じになる…気がします(笑)
(個々のトラックでローカットをしなくてもちゃんと処理されてる気もします)

OzoneとINTENSITYサウンド比較

ここでサウンドを比べてみましょう。
題材は、深夜の2時間DTMの和太鼓の回で作った曲を使いました。
ほぼ無加工の2mixがどう変わるのか見てみましょう。

これがほとんどなにもしていない2mixでございます。もわ~
これがMasterでOzone 9 ADVANCEDでマスターアシスタントを通したもの。VintqgeモードでIntensity(プラグインじゃないですw)はMidiumです。
MasterでINTENSITYを通したもの。INTENSITY値は半分よりちょい下、BIASはデフォルトです。

OzoneとINTENSITYは使い分けができるぞ

この2つのプラグインは、操作性のベクトルがわかりやすく違うんです。

INTENSITYのアドバンテージは、簡単操作です。
Ozoneのマスターアシスタントは音源を聴かせる手間がいります。
けど、INTENSITYは基本ノブ(左のおっぱい)を上げていくだけ。

なのでINTENSITYは動画のナレーションや動画全体に挿したり、2時間DTMなどの簡単な作品の場合はいいかもです。

逆にOzoneはマスターアシスタントだけでなく、追い込んでの手動マスタリングもできるのが強みです。
(プロのマスタリング・エンジニアも使っているくらい実力はありますから)

Ozone 9 ADVENCEDでは個々のモジュール(エフェクター)を単体プラグインとして使えるのはデカイです。
INTENSITYは個別のエフェクトを使えないし設定項目も少ないです。

Ozone9 ADVENCEDなら、モジュールを個別のプラグインとして使えるのはでかい。
しかもビンテージエフェクターのモデリングモノですよ?
追い込むのならOzoneですよね。

というわけでINTENSITYのサウンドで満足できるのなら、ミックスの手間がめっちゃ減るのでOzone以上に時短のメリットはあるでしょう。
ミックス以外の本来の作曲、編曲などに注力できるのはいいと思います。

OzoneとINTENSITYの同時使いという手も

あと、この2つを同時に使うという贅沢な使い方もありだと思います。

OzoneでマスタリングをしてINTENSITYを軽く通すのもいいですよ。
(INTENSITYはDRY/WETできるのでパラレルできます)

そうすると広がりが出ます。
まぁ、Ozone 9 Imagerで似たようなことできますけど(元も子もない笑)

INTENSITYはDRY/WETも設定できるから、パラレルでかけることもできますよ~
少しかけ過ぎくらいにしてパラレルにするといいでしょう。たぶん。

まとめ

それでは、Ozone使いでもINTENSITY買いか?のまとめです。

・初めはかかり方にそんなに魅力を感じないのかも。
・効果は違う。空間を感じたい時はINTENSITYが便利。
・操作がかんたんだから、使い所の棲み分けはできる。
・つまりINTENSITYは買いです笑

といった感じです。
気になっているのなら持っておいて損はないでしょう。
マスタリングって違った色付けをしたい時があるので、この手のプラグインは数種類持っておくと便利だったりします。

では、また♪

■■ 愛用しているDTM機材・プラグインの紹介コーナー ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

■DAW/ハード編
StudioOne5 Professional   使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Roland OCTA-CAPTURE Rolandのロングセラーオーディオインターフェース。10入力10アウトあるからなにかと使い勝手がよくてお気に入り!ハードシンセやギター、ベース、ボーカルをいろいろ録る時に特に便利!マルチプレイヤー系DTMerにいいかも!
Roland FA-07 76鍵のハードシンセ。鍵盤の感触がいいし、鍵盤数がちょうどいい感じでお気に入り!

■音源プラグイン編
Avenger  ダンス系で超お気に入りプラグイン。1つの鍵盤押すだけでリズムとベース、ウワモノまで自動で鳴る音色も!これがなかなか楽しいんだな♪
Falcon 出音が気持ちいいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus3 簡単にそれっぽい音出ちゃう音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!ただ少し今っぽさが足りないかな。
Spire  EDMシンセの中で一番のお気に入り。粒立ちがよくて抜けてくれるので、重宝しています。ていうか愛してます!!
BIG KICK  ダンス系のキック音源。シンプルなのに使える音源です。値段がリーズナブルなのも魅力。
MODO BASS  生ベースの音を簡単に出したいのならこれ!
UVI MODEL D お手頃値段のピアノ音源。出音の好みは分かれるが生のピアノ感がたっぷりあり好きな音源です。

■オーディオプラグイン編
iZotope Neutron3 ADVANCED 噂のAIミックスアシストプラグイン。全チャンネルに挿して使ってしまうくらい癖になる…っていうかこれがなくては生きられないくらい頼り切りです(笑)
iZotope Ozone9 ADVANCED 噂のマスタリングアシストプラグイン。これをマスターに挿してマスターアシスタントを掛ければいい感じに気持ちよくなる魔性のプラグイン。
Fabfilter Pro-Q3 かなり使いやすいイコライジングプラグイン。EQはこればかり使ってます…。
Waves HOLIZON エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。今となっては少し時代遅れ感あるけどまだまだ使えます。
■その他編
KOMPLETE 13 SELECT アンチKOMPLETEだったのですが、悪魔に心を売って買ってしまいました。なかなか使えるプラグインなども多いです!

※2021年1月15日現在。

オーディオプラグイン
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
気に入っていただけましたか?記事をSNSなどで紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
あんどりゅーのあっちこっちDTMブログ

ありがたいコメント\(^o^)/ コメントくださいまし。優しくしてね(笑)

タイトルとURLをコピーしました