【DTM】コマンド用のPCキーボードがもう一台あると何かと便利という話【リアルタイム入力で】

こんにちは!DTMの神…と言われたいアンドリューです(笑)

今回はですねぇ、キーボードの話です。

っていうと「どっちのことよ?」って声が聞こえてきそうですね。

えーっと、PCのキーボードですね。

DTMでPCのキーボードをもう1台使うとさらに便利かもって話です。


DTMの達人であるあなたなら、きっとショートカットキーを駆使して音源制作をしていることでしょう。
(え?なんの話?って言う人はショートカットキーを覚えましょう。えぇ、命令です!)

 

というわけで、DTMをやっているとPCのキーボードもMIDIのキーボードもよく使いますよね。

ちなみにPCキーボードやMIDIキーボードの位置はどうしていますか?

僕は、モニターとキーボードをL型に設置しているんですが、リアルタイムレコーディングの時にいちいちモニターそばのPCキーボードを操作するのはメンドイです。



で、ひらめいたのです。

シンセの一段上に小さめのブルートゥースキーボードを操作置いて、コマンド用にしてみたんです。

するとめっちゃ楽!



モニターと90度向きが違うので文章を打つのには不向きですが、DAWソフトのショートカットキーでコマンドを打つのにはとてもいいです。

SONARの場合、スペースキーで再生・停止、Rキーでレコーディング開始、気に入らなかったらアンドゥーリドゥーなどなど便利ですよ。

 

ちなみにnanoKONTROL Studioもモニターの左に置いているのですが、今ではそこに手をのばすのもメンドイです(笑)

まとめ!

というわけで、PCキーボードが余っている場合は手元にセットしてみるのもいいでしょう。
では、DTMライフを楽しみましょ♪

0

コメント