【Roland】FA-06/07/08で意外にイケると思った点

こんにちは!絶賛FA-07をエンジョイ中のアンドリューです!
いかがお過ごしですか?
今回は、FAシリーズを使っている人じゃないとわからない、このシンセの意外にイケてるところをご紹介します。
では、いってみましょう♪

テンポつまみがある

FAシリーズは、テンポつまみがメッチャ便利!シーケンサーパートについているんですが、つまみが独立しているのでテンポ設定や変更がしやすいです。テンポ独立表示しているのでテンポ確認しやすいです。
使い所としては、難しいフレーズをゆっくり録音…って時に重宝してますよ。オリジナルテンポは覚えておかないといけないですけどね。

クリックを出しやすい

FAってクリックを出しやすいから、打ち込みバンドにグー!です。なぜなら、FAはクリックに使えるサブアウトがあるのです!

「ていってもモノラルの標準ジャックだったり、ステレオのミニプラグでしょ?」という声が聞こえてきそうですね(笑)それがなんとなんと、ヘッドホンをそのまま挿せるステレオの標準ジャック仕様なのです!ドラマーさんのヘッドホンを挿すだけで楽ちん♪小憎いねぇ(笑)

え?けど、FAで打ち込んだやつじゃないとダメなんでしょ?普通はそう思いますよね。裏ワザを使えば、DAWで打ち込んだ音声ファイルが使えるのです!裏ワザについては、また別の記事でご紹介する予定です。お楽しみに♪

シンセ系の音が多い

このシンセ、シンセ系の音が多いので楽しいですよ(シンセだったら当たり前じゃんって言わないの(笑))。トーンリストで音色を探しているとシンセ系の音色が充実しているなと感じます。シンセシンセした音色でプレイしたい人にはいいですよ。
とはいえEDM系の音色が多いかって言うと自信ないですが(笑)ダウンロードで音色増やせるからいいんじゃない?って感じです。

アナログモデリングシンセみたいな音作りができる

FAってシンセでもスーパーナチュラル音源での音作りができるのが魅力です。例えばSynth1などのソフトシンセのような音作りができるということ。
普通のシンセってPCMが基本だから、波形から作るのってできないんですよね。(廉価のシンセは特に)FAなら、スーパーナチュラル音源なのでアナログモデリングソフトシンセのような音作りができるんです。
Synth1とはSylenth1などのソフトシンセに慣れている人でも音作りを楽しめます。ただ、パラメーターは少なめかな。だけど、全然音作りできるので大丈夫ですよん♪

起動画面やスクリーンセーバーがカッコイイ!

FAのデザインのこだわりって、起動画面やスクリーンセーバーを見ればわかると思います。とにかくかっこいい!え?これシンセの画面なの?DJ機材なのって感じ(笑)
僕はFA-07なのですが、FA-06バージョンのフェニックスのスクリーンセーバーの方がよかったなぁ。
まぁ、今のもかっこいいんですけどね。

サウンドハウスのFA-07の商品ページはこちら
サウンドハウスのFA-07の商品ページはこちら

シーケンサーがルーバーみたいに使える

シーケンサーのデフォルトの設定が絶妙でルーパーみたいにレコーディングしていけるのがいいですね。
デフォルトで4小節ループが設定してあるので、どんどんフレーズを録っていける!

DAWモードの使い勝手がいい!

FAにはDAWモードっていうのがあって、ボタンひとつでMIDIキーボードのモードになります。
DAWモードになると、ローカルオフになって内蔵音源が鳴らないのがグ~!

オーディオインターフェースが入っている!

オーディオインターフェースが入っているから、なにかとはかどります。
シンセをモニタースピーカーに繋いでおけば、DAWソフトの出力をFAにできます。
ていうかシンセからDAWソフトの音が聴こえるのって新鮮(笑)
外部入力が1系統(ギター対応)しかないのが残念だけど、外部入力をあまり使わない人なら、FA内臓のオーディオインターフェースで事足りると思いますよ。

もう一つ残念な点があって、サンプリング周波数が44.1kHzしか対応していないので48kHzやハイレゾでのDTMやりたい人は別途オーディオインターフェースを用意したほうがいいでしよう。

DAWに書き出しできる!

FAのシーケンサーで打ち込んだ音をDAW用に書き出せるのが便利ですね。
2ミックスはもちろん、トラックごとに一括で書き出せるのもステキ。
ただ、SDカードに書き出すのでいちいちPCにSDカードを刺さないといけないのは面倒っちゃ面倒。
USBケーブル経由で送れればいいのにね。

ツマミで音作りがしやすい

音色の調節用のツマミがたくさんついているので音作りがしやすいです。
ま、音作りと言うか微調節ですね。
プリセットから微調整するだけで使える音色が多いので、ツマミだけで事足りることも

ピアノの音色がいい!

FAは、ピアノの音色がいいですね!さすがスーパーナチュラル音源!下手なデジタルピアノより絶対いいです。ま、主観ですけどね(笑)
ていうか、前に使っていたVR-09のピアノの音色気に入っていたんですけど、FAを使いだしたらVR-09のピアノがくすんで見える(聴こえる)。

といっても、FA-07の極上の鍵盤とセットでポテンシャルが発揮されるんですけどね♪
FA-06の鍵盤だと正直ショボくて極上ピアノは味わえないかな。
指先からの感覚って重要ですよね。
FA-08の鍵盤も僕からするとちょっと違うかな。

ちなみに2時間DTMでFAの音源だけを使った曲があるので、FAのデモ音源としてお聴きくださいな。
ピアノの音良くないですか?

 

■■ 愛用しているDTM機材・プラグインの紹介コーナー ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

■DAW/オーディオインターフェース編
StudioOne4 Professional  レビュー記事 サウンドハウス
使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Roland OCTA-CAPTURE サウンドハウス アマゾン
Rolandのロングセラーオーディオインターフェース。10入力10アウトあるからなにかと使い勝手がよくてお気に入り!ハードシンセやギター、ベース、ボーカルをいろいろ録る時に特に便利!マルチプレイヤー系DTMerにいいかも!

■音源プラグイン編
Avenger レビュー記事 
ダンス系で超お気に入りプラグイン。1つの鍵盤押すだけでリズムとベース、ウワモノまで自動で鳴る音色も!これがなかなか楽しいんだな♪
Falcon レビュー記事 サウンドハウス
出音が素晴らしいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 レビュー記事 公式 
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus2 レビュー記事 公式 
簡単にいい音出ちゃうプラグイン音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!
SynthMaster レビュー記事 PluginBoutique 
最近使い始めてますが、なかなかいい感じのソフト音源です。EDM向けのONEがおすすめかな。まずはSynthMasterPlayerで試してみては?

■オーディオプラグイン編
iZotope Neutron3 ADVANCED レビュー記事
噂のAIミックスプラグイン。全チャンネルに挿して使ってしまうくらい癖になる…っていうかこれがなくては生きられないくらい頼り切りです(笑)
Fabfilter Pro-Q3 レビュー記事 PluginBoutique
かなり使いやすいイコライジングプラグイン。EQはこればかり使ってます…。
Waves HOLIZON サウンドハウス
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。今となっては少し時代遅れだけどもまだまだ使えます。

※2019年9月6日現在。終わっていたらごめんなさい(;´∀`)

FA-07/FAシリーズキーボード・シンセ
スポンサーリンク
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
気に入っていただけましたか?記事をSNSなどで紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
アンドリューのあっちこっちDTMブログ

ありがたいコメント\(^o^)/ コメントくださいまし。優しくしてね(笑)

タイトルとURLをコピーしました