DTMのPCを強化したレポート

DTM楽しんでいますか?DTMのPCは元気にしていますか?(手紙?)

今回、ちょっと遅く感じていたDTM用のPCをパワーアップしました。結果めっちゃヌルヌルになってローションプレイみたいにな気持ちよくなったDTMがとても快適になりました。

というわけで、その時のお話をレポート形式で書いていきたいと思います。

では、気合をいれて書くので、最後まで絶対読んでいってくださいね!(アンドリューお兄さんとの約束だよ?)

DTMのPCを強化しようと思った2つの理由

まずは、なぜDTMのPCを強化しようと思ったのでしょうか。大きくは2点あります。

まず、ちょっと遅い気がしていたんですよね。たまにスタワンが固まる時があるし。長年DTMやっているのでDAWが固まったり落ちたりは慣れっこなんですが、あまりにも多いとねぇ。特に深夜の2時間DTMをやっている時は「うん、もぅ!」ってイライラします。

だから改善してヌルヌルDTMerになってみたいです。

2つ目は、負荷を気にせずに高品位な音質でDTMをやりたいですね。特に96KHzでプロジェクトをつくってみたいです。普段44KHzでつくっているので負荷を気にせず96KHzでDTMをやってみたいです。

今よりもローレイテンシーでできるとなおいいですね。

今回の作戦は、サブ機をメインに昇格作戦!

今回は作戦という秘策があるのです。名付けて………考えてなかった(笑)

まぁ、僕は2台デスクトップPCがあるのですが、サブを強化してメインにしよう作戦です。

サブのパーツを強化してストレージはメインのを載せて音楽制作用のPCにするっていうことです。

けど、DTMのPCということもありライセンスがめんどくさそうだったので段階を踏んで換装していくことにしました。メインの音楽制作PCがトラブるとDTMもままならなくなるので。それは死活問題です。。。

というわけで、まずはサブPCとしてパーツを増設。ちゃんと動くのを確認してからストレージの入れ替えといった具合に。

ちなみに前のメインはAMD PhenomII X6 1080T Black Edition。8年くらい前のヘキサコアの出始めの頃のCPUですね。

つまり、サブPCをRayzenにして超強化するというわけです。

だから今回購入するパーツはCPU、マザボ、メモリーの3点セットですね。

ご予算は3点で10万円なり!

予算は10万円ですね。
アマゾンで見繕ってみたら3点でちょうど10万円くらいでした。

現金で!と行きたいところですが、この時期は、ブラックフライデーの次にお金が飛んでいくのでカードの分割ですトホホ。

軽くPCショップに視察のつもりが

で、大須のグッドウィルにパーツを見に行ったら、店員のお兄さんがいい人だったので購入。軽く視察するつもりだったけどね。

パーツ3点で予算10万円と伝えて選んでもらいました。

店員さんの勧めで、まずはマザボを選んでからメモリー、CPUのグレードを選びました。

マザーボードはMSIの2万円のマザボに目星をつけていったが、ASRockというメーカーが安くていいとのことで、ATXのいい方をチョイス。1万円ちょっと。ちょっと安上がりにできました。

ちなみにゲーミングと名称付く機種の違いは、イルミネーションに対応しているかとかオーバークロックしやすいかの違いらしい。一概に性能がいいというわけではないらしいです。

メモリーは、16GB+16GBの32GBにしました。速度の規格は PC4-21300で上から2番目か3番目かな。もちろん速いほうがいいんだけど、予算との兼ね合いで。けど、決して遅くはないと思います。

メモリーは3万5000円です。高っか!と思いますが、セットで買うから思い切って選べる感じですね。(普段はメモリーは1万円以内の人)

予算が多めに余ったので、CPUは、AMD Rayzen7最上位の2700Xにできました。ThreadRipperは無理でも普通のRayzenの最上位のCPUにできたのは良かったです。前のが6コア6スレが8コア16スレッドになったので胸熱です!!ヌルヌルのDTMができるといいな!!!

カードで6回払い!元を取るで!

組み立てはすんなり。たぶん 

PCの組み立てですが、割とすんなり行きました。PCは何台も組み立てているので自信はまぁまぁあります。
(久しぶりだと規格が変わっていたりするので心配ですが)

まぁ、マザボの説明書の順番で組み立てるとビス穴付近が込み入ってしまい「これはどうやってビスを入れれば???」と大変だったりしましたが笑

あと、組み立ててから何回か立ち上がらないことはありました。
これハードディスクの電源が半刺しになってました(;・∀・)
壊れたかと思いましたが大丈夫でした(よかった)

※半刺しはよくあるので注意しましょう。特にメモリーとかメモリーとか。

そうそう、メインとサブのストレージを入れ替えるときにどれがどれかわからなくなりました。ちゃんとテープでバミっておいたのですが。。。笑

PC2台でハードディスクとSSDが7つあるので、そこが大変でした。

※歴代のハードディスクを残しておく人なのです(笑)

Ryzen7初起動!


0
■■ my DTMgearの紹介 ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

StudioOne4 Professional 商品ページ レビュー記事
使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Falcon 商品ページ レビュー記事
出音が素晴らしいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 商品ページ レビュー記事
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus2 商品ページ レビュー記事
簡単にいい音出ちゃうプラグイン音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!
Waves HOLIZON 商品ページ
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。
SynthMaster 商品ページ
最近使い始めてますが、なかなかいい感じのソフト音源です。EDM向けのONEがおすすめかな。まずはSynthMasterPlayerで試してみては?

※2019年3月6日現在。終わっていたらごめんなさい(;´∀`)

DTM全般PC
スポンサーリンク
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
記事を紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
アンドリューのあっちこっちDTMブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました