テクノのリズムトラックの音源の調査をしてみた!

どうも!アンドリューです!
実は、テクノやトランス(最近ではまとめてEDMと呼ばれているのかな?)※1に興味がありまして。
今回ネットで調査してみました。

今は、SONAR X1というDAWソフトで制作をしているのですが、なかなかEDMに合う音源が少なくて悔しい思いをしています。※2
なんかこのベースやバスドラの音色違う…って感じ。
少なくとも、ベースも含めリズムトラックだけはすんごいの作りたい。
迫力のあるリズムトラックがつくれれば、ライブでも通用しそうなんだな。

というわけで、EDM向けの機材(ハード・ソフト)ってどんなのがあるのか調査してみましょう♪
(ちなみにPCはWindows10対応で探しています)
※1 EDMは定義が難しいですが、広い意味ではエレクトロダンスミュージックなのでトランスも入るけど狭い意味では違うようです。ていうか音楽ジャンル分けって難しい!
※2 今思えばze3a+はなかなかEDM系だと思います(2018年追記)

ABILITY Proが気になる!

まず気になったのは、ABILITY Pro

以前のDTMマガジンを読んでいたら、EDM特集でABILITY ProというDAWソフトを紹介していました。
これDAWソフトのSinger Song Writerの上位版なんですね。

国産ソフトっていうのがいいですな。
なんといっても日本語完全対応っていうのは、何かと捗ります。
わからないところもヘルプに書いてありそうだし。

しかし、ABILITY Proは動画が少ないのが気になります。
Youtubeでも少ないですねぇ。

値段もちょっと高めかな?
DAWとしては普通だけど、もうちょっとEDMに特化していて、安いのがいいな。
サブのDAWソフトなので2万円台でいけると嬉しい。
(グレードにこだわらなきゃABILITY Proでもいいけど)
 

FL STUDIOがあるじゃないですか!

で、次にたどり着いたのが、FL STUDIO
これもDTMマガジンを読んで発見しました(笑)

これはEDMに特化したDAWソフトです。
内蔵ソフトシンセやサウンド(音声素材)も多くていい感じ。
テクノやトランスに特化しているサウンドが多いのが嬉しい!

デフォルトの入力がパターン入力というEDM仕様ですっていうのも潔くていい!
マウスでクリックしていけば、基本ビートが作れていく感じいいね!

実は体験版をやってみたのですが、操作が慣れるまで時間かかりそう。
フル英語ですし(^.^;
他のDAWと概念が違うので慣れが必要かな。
けど、「こういう文化です」って外国にいった気分といえばいいのかも?

FL Studio Techno Tutorial!!!!!!!!!!!!!!

FL STUDIOのテクノ制作チュートリアル動画。けっこうテクノテクノした曲が簡単にできるんですね!ちょっと前のFL STUDIOなので、画面が違うかも。

DTM HARD TRANCE 自作曲 FL STUDIO

へぇ、こんなかっこいいハードトランスの曲も作れちゃうんですね。ゴリゴリな感じでいいなぁ。

Hard Trance Arp/Bassline Tutorial FL Studio 9 by Clayfacer

ハードトランスのアルペジオとベースラインのチュートリアル動画。FL STUDIOだけど、内蔵音源なのかな?違うと思うけどカッコイイからいいや(笑)

【自作曲】DTM TRANCE FL STUDIO 11

自作曲らしいのですが、やっぱカッコイイ!FL STUDIO11なので、今の1つ前ですね。踊るFLちゃんもかわいい!





もっと調査したいと思ったけど…。

というわけで、もっと調査をしたい!と思ったんですけど、結局FL STUDIOに落ち着きそうです^^
体験版を使ってみたら、なかなかいい音源入っていたし、ずっと最新版を使えるのはとても魅力です。

今度はFL STUDIOの物欲の記事を書ければなと思います。
ではでは♪

 
※追記:その後FL Studio12を購入して20にバージョンアップしました。その時の記事はこちら。FL STUDIOの購入を検討している人はぜひご一読をm(_ _)m
【FLちゃん】FL Studio20にしてみたです!!【メジャーバージョンアップ】

0

コメント