【レビュー】CeVIOはお得で簡単ボカロソフトだ!【音源あり】

こんにちは!最近ボカロに目覚めたのかもしれないDTMマンのアンドリューです。DTM楽しんでいますか?

先日、ボカロ音声創作ソフトのCevioがほしいという記事を書きました。その時は体験版を使っていたのですが、ついに体験版の期限が切れ、製品版を購入しました!(拍手☆パチパチパチパチ)

Cevioですが、買うの注意してくださいね!使いまくりたくなります(笑)

というわけで、今回はCevioのレビューをします!
最後まで楽しんでいってくださいね!

まずはどんな声かちょっと聴いてみましょ

僕はCevio6のさとうささらさんのトークとソングのスターターを購入しました。
本当はソングだけでもよかったのですが、ついでにトークも買った方が安いし、作品作りの幅が出るからです。
(結果、トークにもして正解でした。後述)

で、今使用頻度ですが、深夜の2時間DTMでガンガン使うようになってしまいました(笑)
というわけで、まずはさとうささらさんの歌声をお聴きください。

いかがでしたか?なかなかかわいい歌声ですよね!しかも調整(調声?)はほとんどしていないです。
※かわいいのも当然です。だって中の人は水瀬い◯りさんなんですもの(笑)

まずはCevioのよかったことから

それでは、Cevioを買って使ってみてよかったところから見ていきましょう。

歌声が自然!

そうですねぇ。歌声が自然なのがいいですね。
さきほども言いましたが、調声しなくてもけっこういけたりします。

逆に変に手弾きのMIDIをインポートすると変になることが多いです。基本レガートがいいんじゃないかな?

歌声の声質は右のスライダーでできますよ。上に行くと高くなり子供っぽく、下に行くほど落ち着いた歌声に。
歌声の調声は、上のボタンがそれぞれの画面に切り替えて行ないます。左から通常画面、タイミング、音量、ピッチ、ビブラート振幅、ビブラートの周期です。

語りもできる!

そうなんですよね。トークスターターがあればCevioって語りもさせることができるのも魅力。
VOCAROIDだと別製品を買わないといけないですよね。(たぶん

CeVIOの場合、ソングとトークはトラックとして同居させられるので歌と語りを同時に制作できるんです。この利点を生かして深夜の2時間DTMでも語りと歌を入れてドラマ仕立ての作品にすることも多いです。

CeVIOのソングとトークのスターターならソングと語りをトラックとして同列に扱えますよ。複数のトラックを持てるので掛け合いやコーラスもOK!

お安い!

CeVIOは1万円を切る価格でソングとトークの両方ができますよ。
お安いのは正義!(笑)

V◯CAR◯IDではこうはいかないでしょう。まぁ、向こうの最新版使ったことないし高機能なんでしょうが。

バージョンアップで買い足さなくてもいい

バージョンアップで新製品が出ても新たに買わなくてもいいのが素敵です。
つまり、無料でパージョンアップができるということです。
(アップグレード版が存在しない。FL STUDIOみたいな感じかな?)

DTMってただでさえDAWやプラグインのアップグレードでお金かかるので、これは嬉しいですね!

CeVIOの残念なところも

CeVIOのいいところばかりでは妄信的な信者に見られちゃうので、残念なところもあげてみましょう。

1ライセンス1PC

CeVIOは1ライセンスで1PCにしかつかえません。シリアルナンバー入力で1日毎に移動はできますが。

うーん、これちょっと残念だなぁ。
僕みたいにデスクトップでも外出先でノートPCでモバイルDTMもやっている人も少なからずいると思うのですが。

まぁ、元が安いので、どうしてもいるのなら買い足してもいいかも。

プラグイン化されていない

そうなんですよ。CeVIOってプラグイン化がまだなんですよ。
だからDAWと別にCeVIOを立ち上げないといけません。ちょっと面倒ですよね。

この点ではVOCALOID5に負けますなぁ。
バージョンアップでCeVIOも対応するといいなぁと。

ショートカットキーが少ない

DAWでDTMしている人には、ショートカットキーが少ないのが気になるところですね。再生とか停止はできますが、先頭に戻るなどのキーボードショートカットキーがないんですよね。。。

DAWとの操作性の違いにちょっとヤキモキします。まぁ、VOCALOIDも同じ気もしますが。

歌声が少ない

CeVIOは歌声の種類が少ないですね。オフィシャルで女性の歌声はさとうささらのみ。トークはすずきつづみもいありますが。

サードパーティーをいれればもう少し種類はありますが、豊富とは言いがたいです。(ていうか言えない)

CeVIOで作った2時間DTMの作品たち!

CeVIOレビューの〆

CeVIOはとにかくお安く合成音声ソフトでしたね!
あとはプラグイン化されれば最高です😊

え?興味がある?購入はVectorが一番お値打ちでおすすめですよ。Vectorで値段をみてみる!

■■ 愛用しているDTM機材・プラグインの紹介コーナー ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

■DAW/オーディオインターフェース編
StudioOne4 Professional  レビュー記事 サウンドハウス
使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Roland OCTA-CAPTURE サウンドハウス アマゾン
Rolandのロングセラーオーディオインターフェース。10入力10アウトあるからなにかと使い勝手がよくてお気に入り!ハードシンセやギター、ベース、ボーカルをいろいろ録る時に特に便利!マルチプレイヤー系DTMerにいいかも!

■音源プラグイン編
Avenger レビュー記事 
ダンス系で超お気に入りプラグイン。1つの鍵盤押すだけでリズムとベース、ウワモノまで自動で鳴る音色も!これがなかなか楽しいんだな♪
Falcon レビュー記事 サウンドハウス
出音が素晴らしいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 レビュー記事 公式 
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus2 レビュー記事 公式 
簡単にいい音出ちゃうプラグイン音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!
SynthMaster レビュー記事 PluginBoutique 
最近使い始めてますが、なかなかいい感じのソフト音源です。EDM向けのONEがおすすめかな。まずはSynthMasterPlayerで試してみては?

■オーディオプラグイン編
iZotope Neutron3 ADVANCED レビュー記事
噂のAIミックスプラグイン。全チャンネルに挿して使ってしまうくらい癖になる…っていうかこれがなくては生きられないくらい頼り切りです(笑)
Fabfilter Pro-Q3 レビュー記事 PluginBoutique
かなり使いやすいイコライジングプラグイン。EQはこればかり使ってます…。
Waves HOLIZON サウンドハウス
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。今となっては少し時代遅れだけどもまだまだ使えます。

※2019年9月6日現在。終わっていたらごめんなさい(;´∀`)

ソフト音源
スポンサーリンク
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
気に入っていただけましたか?記事をSNSなどで紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
あんどりゅーのあっちこっちDTMブログ

ありがたいコメント\(^o^)/ コメントくださいまし。優しくしてね(笑)

タイトルとURLをコピーしました