【レビュー】PerfectDrums はシンプルかつ使いやすくて気に入ったぞ!【ドラム音源】

こんにちは!指ドラマーアンドリューです!(笑)

先日懸賞であたって記事にもしたPerfectDrumsですが、かなり気に入ってしまい生ドラムの曲では必ず使っています。
いや、めっちゃいいです。

というわけで、さっそくPerfectDrumsレビューいってみましょう♪

ちなみに今まで触ったことがあるのはSONAR系(SI-Drums SessionDrummer ADDICTIVE DRUMS)だけなので、その比較もしていけたらなと思います。


PerfectDrumsのよい点!

まずはPerfectDrumsの良い点をあげいきましょう。
どこがそんなにもいいのでしょうか?

直感的に操作できる

PerfectDrumsはAddictiveDrumsなどと違ってシンプルな操作なので直感的に操作ができます。
画面も基本2画面しかないから、把握しやすいです。

PerfectDrumsのメイン画面。ここからパーツの切り替えができる。視聴もオーディションボタンから一発でできる!これマジで便利。プルダウンボタンで各パーツのエディットもこの画面からできる。よく考えられた操作画面ですな。

エディットも十分できる

シンプルだからと言って音色をいじれないかと言うとそんな事はありません。
SI DrumsやSessionDrummerよりも音色のエディットができます。

PerfectDrumsのミキサー画面。ADDICTIVE DRUMSまではいかないけど、充実のエディットができます。

扱いやすい音

PrefectDrumsって扱いやすい音していると思うのですよ。伝わるかわからないですが(笑)
なんというか、ちょっと鳴らしてみると、あ、この音そのまんまでいいじゃんって感じでしょうか。
指ドラムが捗る音といいますか(笑)

ADDICTIVE DRUMS2などの本格的なドラム音源と違い、出来合いの音って感じでしょうか。デモでも使えて、上手くいけばそのまま採用しちゃえるような即戦力な感じです。

色付けしててくのならADDICTIVE DRUMS2とかの方がいいんでしょうね。

パンをプレイヤーと客席で切り替えられる!

PerfectDrumsでこれすごいじゃん!と思ったのがこれ。パンをプレイヤー側と客席側とでワンタッチで切り替えられるんです!

ドラムはプレイヤー側から聴くと左にハットがあるのですが、客席側では右に見えますよね?
その切替をミキサー画面のPERSPECTIVE項目のボタンで切り替えられるのです。地味に便利ですな。

軽い

PerfectDrumsは軽いのもいいですよ。
まぁ、めちゃくちゃ軽いわけではないですが、ADDICTIVE DRUMS2とかよりは軽いので軽い気持ちで立ち上げられます。
HDDユーザーにはありがたいですね(*´ω`*)

ゴーストノートを出しやすい

そうそう、Perfect Drumsを指ドラムで弾いていて気づいたのですが、ゴーストノートのスネアが鍵盤に割り当てられているんですよ。
だから、ちょっとゴーストがほしい時にリアルタイムで弾きやすいし確認しやすいんですよ。
しかもGMのドラム配列のクラップのところにあるので指ドラムでも叩きやすい!リアルタイム入力でもゴーストノートを入れられるのはありがたいっす!

PerfectDrumsの惜しいところ!

今度はPerfectDrumsの残念なところをピックアップしてみましょう。
…と思ったのですが、実際不足してないんですけどね(笑)

パターンがない

AD2などと違いPerfectDrumsはリズムパターンが入っていません。だから自分で打ち込みをしないといけないです。

まぁ、他のドラム音源でもプリセットのリズムパターンを使っていない人には関係ない話かもですが

選べるキットが少ない(ELEMENTS)

そうなんですよね!ELEMENTSエディションでは、キットが5つしかないんですよ。
まぁ、ロックやポップスなら必要十分だと思うのですが。

試しに使ってみて、足りなければフルバージョンにすれば多くのキットが使えるので、そういう戦略もありでしょう。


PerfectDrumsのメイン画面。シンプルで見やすい!パーツのオーディションもすぐできるのがいいですね。
PerfectDrumsのミキサー画面。シンプルでわかりやすい!
■■ my DTMgearの紹介 ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

■DAW/オーディオインターフェース編
StudioOne4 Professional  レビュー記事 サウンドハウス
使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Roland OCTA-CAPTURE サウンドハウス
Rolandのロングセラーオーディオインターフェース。10入力10アウトあるからなにかと便利。ハードシンセやギター、ベース、ボーカルをいろいろ録る時に特に便利!

■音源プラグイン編
Avenger レビュー記事 
ダンス系で超お気に入りプラグイン。1つの鍵盤押すだけでリズムとベース、ウワモノまで自動で鳴る音色も!これがなかなか楽しいんだな♪
Falcon レビュー記事 サウンドハウス
出音が素晴らしいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 レビュー記事 公式 
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus2 レビュー記事 公式 
簡単にいい音出ちゃうプラグイン音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!
SynthMaster レビュー記事 PluginBoutique 
最近使い始めてますが、なかなかいい感じのソフト音源です。EDM向けのONEがおすすめかな。まずはSynthMasterPlayerで試してみては?

■オーディオプラグイン編
iZotope Neutron3 ADVANCED レビュー記事
噂のAIミックスプラグイン。全チャンネルに挿して使ってしまうくらい癖になる…っていうかこれがなくては生きられないくらい頼り切りです(笑)
Fabfilter Pro-Q3 レビュー記事
かなり使いやすいイコライジングプラグイン。EQはこればかり使ってます…。
Waves HOLIZON サウンドハウス
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。今となっては少し時代遅れだけどもまだまだ使えます。

※2019年9月6日現在。終わっていたらごめんなさい(;´∀`)

ソフト音源
スポンサーリンク
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
気に入っていただけましたか?記事をSNSなどで紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
アンドリューのあっちこっちDTMブログ

ありがたいコメント\(^o^)/ コメントくださいまし。優しくしてね(笑)

タイトルとURLをコピーしました