【DAW】StudioOne4 Professionalを1年愛用したからレビューしてみる【感想】

こんにちは!あんどりゅーです。そういえばStudio One 4 Professionalを使ってから1年経つなぁ。。。ということでレビューしたくなったので記事にしてみまーす。

最後まで楽しんでいってくださいね!

スポンサーリンク

Studio One 4導入した経緯などを少しお話させてプリーズ!!

レビューの前にStudio Oneにした経緯やどんな使い方をしているかをお話させてください。じゃないと正確にレビューが伝わらないかなと思いまして。

まずStudio Oneを使いだしたのはSONAR終了直後から。
クロスグレードキャンペーンで3.5Professionalを買って、半年も経たずに4Professionalが出てしまったのですが、欲しい機能が満載だったのですぐアップグレードしました。で、1年たった今も変わらず愛用しています。

で、今の使用しているDAWの状況ですが、Cubase9.5ProやFL Studio20、Cakewalkも並行して使っていますが、メインはStudioOneといった感じです。深夜の2時間DTMもガンガンやっていますが、それらもStudio Oneの機能を使ってガンガンやっていますよ。
他のDAWにはない機能が多いので手放せなくなるんですよね。

StudioOne 4レビューするざます!

シンプルで使いやすい画面と操作のスタワン!

Studio Oneを使っていていつも思うのは、シンプルで使いやすいなぁと思います。
まぁ、慣れの部分は大きいでしょうがそれを差し引いても使いやすいと思います。

例えばCubaseのようなペン先持ち替えが必須な操作はありません。(イベントを結合するのりツールとか)
もちろん、Studio Oneもいろいろなペン先があって持ち替えることがありますが、え?こんなちょっとしたことをするのに持ち帰るの??なんていうのはないですね。

とにかく直感的に作業をしたい人はスタワン一択です(Windowsでは。Macは知らん)

コード解析できるのが便利なスタワン!

Studio Oneはコード指定やコードを分析できるコードトラックが便利なんです!
コードトラックはCubaseにもあるけど、スタワンのは音声ファイルからコード解析までできるんです。つまりインストゥルメントトラックだけでなく音声ファイルからも解析できちゃいます。

解析の正確さはちょっと頼りないですが、無いよりは全然マシです。
特に曲のコピーをする人は必須と言ってもいいでしょう。
耳コピの効率が段違いです。
まだ耳コピの精度が良くない人もコード解析してコードを頼りに耳コピするといいでしょう。

いろいろ実験できるスクラッチパッドが便利なスタワン!

スクラッチパッドはいろいろなパターンを試せて重宝します。
本編のデータとは別にちょこちょこって別の画面で試せるってわけです。
スクラッチパッド画面から本編には相互にデータ移動できますからちょっとしたことでも試しちゃえます。

あとスクラッチパッドは複数作れて名前で管理できるのでそれこそいろいろなパターンを試せます。

パートのアレンジ自由自在なアレンジトラックも便利だワン!

アレンジトラックは、Aパート・Bパート・サビなどのブロックに名前をつけておきそのまま移動や複製ができるという便利な機能。
スクラッチパッド同様、いろいろなパターンの構成を試せるのが便利ですね。
これも他のDAWにはないので重宝します。

バグ!?え?何のこと??

Studio Oneで気になるのがバグ。バグは確かにあるけど致命的ではないので安心してください(安心できないよw)
今のところ個人的にはバグ<スタワンの魅力って感じなので大丈夫です。た、たぶん。。。
Studio One4になる時に新機能詰め込みすぎて焦っちゃったのかな?
なんて思ったり(笑)

2019年追記:StudioOne4.5ではバグがだいぶ改善されている感触です。普通に使えますよ(笑)

ピアノロールの独自のパー内ベロシティー表示が使える!

ピアノロール(ミュージックエディタ)のバーのベロシティー表示がなにげに便利。
同じタイミングのノートのベロシティーがわかって便利。
そのままノート上でベロシティー調節できるといいのですが(Cakewalkみたいに))

音質というかヌケが良いスタワン!

音質がいいと言われていますが、慣れてしまってよくわかりません(;´∀`)

けどヌケが良いのは確かです。

StudioOne4レビューの〆!

というわけで、Studio One 4を1年使ってきたレビューをしてみましたが、欲しくなりましたか?
(仲間が欲しいだけなのか?w)

もうすぐStudioOne4.5が公開されるみたいなので楽しみですね♪

では、また☆

>>セールでStudioOneを最安値ゲット!?

StudioOne4のプチレビューをしてみる

■■ 愛用しているDTM機材・プラグインの紹介コーナー ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

■DAW/ハード編
StudioOne4 Professional  レビュー記事 サウンドハウス
使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Roland OCTA-CAPTURE サウンドハウス アマゾン
Rolandのロングセラーオーディオインターフェース。10入力10アウトあるからなにかと使い勝手がよくてお気に入り!ハードシンセやギター、ベース、ボーカルをいろいろ録る時に特に便利!マルチプレイヤー系DTMerにいいかも!
Roland FA-07  レビュー記事 サウンドハウス
76鍵のハードシンセ。鍵盤の感触がいいし、鍵盤数がちょうどいい感じでお気に入り!

■音源プラグイン編
Avenger レビュー記事 PluginBoutique
ダンス系で超お気に入りプラグイン。1つの鍵盤押すだけでリズムとベース、ウワモノまで自動で鳴る音色も!これがなかなか楽しいんだな♪
Falcon レビュー記事 サウンドハウス beatcloud
出音が素晴らしいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 レビュー記事 公式 
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus3 レビュー記事 公式 
簡単にいい音出ちゃうプラグイン音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!
BIG KICK レビュー記事 PluginBoutique
ダンス系のキック音源。シンプルなのに使える音源です。値段がリーズナブルなのも魅力(*´ω`*)
MODO BASS レビュー記事 サウンドハウス beatcloud
生ベースの音を簡単に出したいのならこれ!
UVI MODEL D レビュー記事
お手頃値段のピアノ音源。出音の好みは分かれるが生のピアノ感がたっぷりあり好きな音源です。

■オーディオプラグイン編
iZotope Neutron3 ADVANCED レビュー記事
噂のAIミックスプラグイン。全チャンネルに挿して使ってしまうくらい癖になる…っていうかこれがなくては生きられないくらい頼り切りです(笑)
Fabfilter Pro-Q3 レビュー記事 PluginBoutique
かなり使いやすいイコライジングプラグイン。EQはこればかり使ってます…。
Waves HOLIZON サウンドハウス
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。今となっては少し時代遅れだけどもまだまだ使えます。

※2020年2月1日現在。終わっていたらごめんなさい(;´∀`)

StudioOne
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
気に入っていただけましたか?記事をSNSなどで紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
あんどりゅーのあっちこっちDTMブログ

ありがたいコメント\(^o^)/ コメントくださいまし。優しくしてね(笑)

タイトルとURLをコピーしました