【Waves】Holizonのプラグインのぷち解説とプチレビューしてみた【入門編】

今度はPlatinumの一つ上のバンドルのHolizonプラグインの紹介とちょっとレビューでっす!

Holizonは Platinum 以下のプラグインも全部入っているので、Platinum以外のHolizonプラグインを掲載しています。
Platinum以下のプラグイン一覧はこちらのページにまとめてあるのでチェックしてみてくださいね。

Silverはこちら
Goldはこちら
Platinumはこちら

※ちなみに今編集中の記事です。雑くてごめんなさいw

Bass Rider(ベース音量調節)

ベースの音量をいい感じに揃えてくれるプラグイン。
通常ならベースの音量のオートメーションを書かなきゃいけないところでもこれなら通すだけでOK!

コンプとの違いは音質変化がなく音量を揃えられます。
音圧はそのままといった感じですね。

ボーカル版のVocalRiderも同じHORIZON内にあり。

特徴参考になるページ画像
・ベースのレベルに自動的に追従
・ベース楽器に最適化されたアルゴリズム
・ベース音の自然な特性を維持
・スタジオ用、ライブ用それぞれ専用の設計
・MacとPCの両方に対応

Center(MSバランス調節)

MSでの音量バランスを簡単にできるプラグインです。
サイドを上げて音圧を上げたり、ナレーションBGMの時にセンターを下げてナレーションを聴きやすくしたり色々な用途が考えられます。

基本的にはマスターに挿して使うのですが、チャンネルにインサートしても使えますよ。

特徴参考になるページ画像
・ 台詞やナレーションを強調
・ ステレオ録音されたアンビエンス/リバーブのコントロール
・モノラル互換性の向上
・ミックスが終わった曲のリードボーカルを前に出す
・ステレオドラムオーバーヘッドの音場を再構成する
・単一またはグループ演奏楽器のステレオ録音バランスを取る
・ステレオ感を広げたり狭めたりする
・カラオケ用にボーカルを抜き出す
・楽器のトラックをリミックス用に除去する
・サンプルやドラムループをマニピュレート

CLA Guitars(ギターアンプシミュレーター)

ここからはCLAシリーズです。
このCLAの意味を知らなかったので調べてみました。Chris Lord-Alge(クリス・ロード・アルジ)というミックスエンジニアさんの略称だったのですね。

まずはCLA Guitars。どうやらギターアンプシミュレータープラグインですね。
使ってみましたが、なるほど簡単設定で狙った音出しやすいです。
初心者の方でもプリセットを探してそこから微調節していけば戦力になる音が出ると思います!

特徴参考になるページ画像
完全なオールインワンプロセッサーチェーン
Mono-to-stereoおよびstereoコンポーネント
コントロール範囲を最適化

CLA-2A (コンプ・リミッタ)

CLAシリーズのコンプレッサーです。伝説的な電気工学式のコンプレッサー「LA-2A」を再現したプラグイン。

ギターやベースに適していて、ボーカルを輝かしてくれるらしいです。

光学式なのでアタックが早くはなく、真空管を使っているので温かみがあるキャラクターになっているのでその味を活かすとよいのではないでしょうか?

特徴参考になるページ画像
・Compressor/Limiterモード
・ゼロレイテンシー
・Sidechain周波数フィルター
・Mono/Stereoコンポーネント

CLA-3A Compressor / Limiter ()

CLA-76 Compressor /


特徴参考になるページ画像


CLA-76 Compressor ()


特徴参考になるページ画像


DeBreath()

特徴参考になるページ画像


Kramer HLS Channel()

特徴参考になるページ画像


Kramer Master TapeKramer Master Tape()

特徴参考になるページ画像


Kramer PIE Compressor()

特徴参考になるページ画像


L3 Multimaximizer()

特徴参考になるページ画像


L3-16 Multimaximizer()

特徴参考になるページ画像


L3-LL Multimaximizer()

特徴参考になるページ画像


Maserati DRM()

特徴参考になるページ画像


Morphoder()

特徴参考になるページ画像


OneKnob Filter()

特徴参考になるページ画像


PuigChild Compressor()

特徴参考になるページ画像


Q-Clone()

特徴参考になるページ画像


SoundShifter()

特徴参考になるページ画像


Trans-X()

特徴参考になるページ画像


UM225 / UM226()

特徴参考になるページ画像


Vocal Rider()

特徴参考になるページ画像


■■ 愛用しているDTM機材・プラグインの紹介コーナー ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

■DAW/オーディオインターフェース編
StudioOne4 Professional  レビュー記事 サウンドハウス
使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Roland OCTA-CAPTURE サウンドハウス アマゾン
Rolandのロングセラーオーディオインターフェース。10入力10アウトあるからなにかと使い勝手がよくてお気に入り!ハードシンセやギター、ベース、ボーカルをいろいろ録る時に特に便利!マルチプレイヤー系DTMerにいいかも!

■音源プラグイン編
Avenger レビュー記事 
ダンス系で超お気に入りプラグイン。1つの鍵盤押すだけでリズムとベース、ウワモノまで自動で鳴る音色も!これがなかなか楽しいんだな♪
Falcon レビュー記事 サウンドハウス
出音が素晴らしいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 レビュー記事 公式 
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus2 レビュー記事 公式 
簡単にいい音出ちゃうプラグイン音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!
SynthMaster レビュー記事 PluginBoutique 
最近使い始めてますが、なかなかいい感じのソフト音源です。EDM向けのONEがおすすめかな。まずはSynthMasterPlayerで試してみては?

■オーディオプラグイン編
iZotope Neutron3 ADVANCED レビュー記事
噂のAIミックスプラグイン。全チャンネルに挿して使ってしまうくらい癖になる…っていうかこれがなくては生きられないくらい頼り切りです(笑)
Fabfilter Pro-Q3 レビュー記事 PluginBoutique
かなり使いやすいイコライジングプラグイン。EQはこればかり使ってます…。
Waves HOLIZON サウンドハウス
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。今となっては少し時代遅れだけどもまだまだ使えます。

※2019年9月6日現在。終わっていたらごめんなさい(;´∀`)

WAVES
スポンサーリンク
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
気に入っていただけましたか?記事をSNSなどで紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
アンドリューのあっちこっちDTMブログ

ありがたいコメント\(^o^)/ コメントくださいまし。優しくしてね(笑)

タイトルとURLをコピーしました