【UVI】DrumDesignerはなんだかワクワクすっぞ【レビュー】

こんにちは!あんどりゅーです。
ていうか、ついにDrumDesignerを買ってしまったあんどりゅーです!!さすがブラックフライデー効果(笑)

DrumDesignerはバツグンにゴキゲンです!

というわけで、今回はDrumDesignerのレビューいってみましょう。


DrumDesignerのいいなとおもったところ

出音はUVIらしい上質な感じ

出音はUVIらしい輪郭がハッキリとして上質な素材感があります。これならオケの中でも埋もれないかなぁと思います。

逆に相性の良くない音源によっては、なじみにくいのもあるんじゃないなかぁと思ったり。

FalconやUVIの音源には最高に相性いいですけどね!

シーケンサーは8小節固定なの?

シーケンサーは便利だけど8小節固定みたいなのがなんだかな。
FL Studioみたいに柔軟にできればいいのに。

まぁ、スパンごとにリンクして編集できる機能があるからいいんだけども。

パーツ個別に音源があるのがGOOD!

キック、スネア、クラップ、シンバルの各音源があって、それぞれ専用のパラメーターでエディットできます。

しかも、それぞれの音源を個別にもキットとしても呼び出すことができます。

それぞれの音源にもプリセットがあるのでプリセットからエディットして音色づくりすることも。

パーツ個別でもキットでも呼び出せるのは便利!

Drum DesignerはFalconかUVI Workstationで呼び出すのですが音色としてもキットもパーツもあるのです。だから、キットとしてもパーツとしても呼び出せて便利。

パーツだけ欲しい場合はCymbalなどのパーツを呼び出せばOK。

なにかと使い勝手がいいですよ。

Falconでの編集にも対応している!

Falconで呼び出すとFalconの編集画面でも音色が編集できるのはGood!

Falconのエフェクターも使えるってことです!たぶん(笑)

これはいいですね!

キックのTONEの音量と音程のエンベロープは手書きでできる!

な、なんとですねぇ、一部エンベロープは手書きでできちゃうんです。

具体的にはキックのTONEの音量と音程のエンベロープなんですが、手描きでとても変態的なエンベロープが描けます(笑)

しかもそれをボタンひとつでスムーズにすることもできるので、使い勝手いいですよ。

DrumDesignerの改良してほしいところ

ホストテンポでパターンのプレビューができない

そんなんですよ。DAWやFalcon、UVI Workstationの設定BPMでしか再生ができないようです。

パターンの推奨テンポでプレビューできるモードがあるとよかったなぁ。

パターンをDAWと同期してプレビューできない

さっきのパターンのBPMの話じゃないけど、DAWと同期してプレビューできないんです。

つまり、DAWを再生しての同期プレビューできないということ。

うーん、プレビュー関係は満足とはいかないようです。

Cymbal単独でハットのオープンとクローズが扱えない

Cymbal単独で呼び出すとシンバル1種類の音程がついたのが鍵盤にアサインされているんですよね。
単独でもハットのオープン・クローズに対応できるといいな。

僕が欲しい力強いキックがない(笑)

トランス系が少ないようで、力強いというか・・・僕の好きなfripSideのようなキックがないなぁ(笑)

ぜひ、ここらへんを強化していただけるとありがたいです。

パターン再生の負荷がぁ…

パターンで再生するとそれなりに負荷がある感じです。
特にハットで細かく刻むパターンは厳しい。。。

まぁ、僕のPCがDTMには非力になってしまったのかもしれませんが。。。
(AMD Phenom X6 1090Tマシンなのです・・・)

再生が厳しくなったら、必殺フリーズをしたりで音声化すればOK(笑)

というわけで・・・

とにかくDrumDesignerは音色も機能も魅力がたくさんあって、これからどしどし使っていきたいです。

けど、ちょっと使いづらいのは玉に瑕。
UVIさんアップデートしてくれないかなぁ(笑)

では、また(〃ω〃)

 

 

 

 

0

コメント