TTS-1のレビューをしてみる

こんにちは!アンドリューです。
今回は、RolandのTTS-1のレビューをします。
SONARやCakewalkについているので気になっている人も多いのでは?

TTS-1とは…おさらい

Roland製のプラグインシンセで、SONAR/Cakewalk by bandlabに付属していました。
歴史は相当古くSONAR4の頃からあるらしいのでおそらく2004年頃からあるのでしょう。
15年の歴史はあるのですが、バージョンアップもしていないようなので、音色のクオリティーも2004年で止まっています。多分。
PCM音源であり、比較的オールラウンドな音色カテゴリーはカバーしているのでスケッチにはいいんじゃないかな?と思います。

 

いいなと思う点

16パート

TTS-1は、同時に16パートの音を出せるマルチティンバーっていう音源。
ハードシンセでは普通の形式なのですが、プラグイン音源としては特殊な分類かな?


パラアウト

4パラアウトできるので、4つまで別々のエフェクタープラグインを通すことができますよ。
16チャンネルあるんだから、さらに16パラアウトできると良かったのですが…。

音色の編集(エディット)もできる

音色の軽いエディットもできるので、エディットすれば結構使えますよ。


残念な点

他のDAWから使えない

DXiなので対応しているDAWソフトが他にないと思う

どんな音?

軽め

軽いというか薄いというかと言う感じ。
音色を重ねたり、コンプを通せば変わるのかも?

オーディオ化して加工するのもいいかも。

アンサンブルのまとまりはいい

さすがRolandという感じで、マルチパートで鳴らしても邪魔し合うことは少ないですね。

サウンドデモ

 


 

 

 

0

コメント