TTS-1のレビューをしてみる

こんにちは!アンドリューです。
今回は、RolandのTTS-1のレビューをします。
SONARやCakewalkについているので気になっている人も多いのでは?

TTS-1とは…おさらい

Roland製のプラグインシンセで、SONAR/Cakewalk by bandlabに付属していました。
歴史は相当古くSONAR4の頃からあるらしいのでおそらく2004年頃からあるのでしょう。
15年の歴史はあるのですが、バージョンアップもしていないようなので、音色のクオリティーも2004年で止まっています。多分。
PCM音源であり、比較的オールラウンドな音色カテゴリーはカバーしているのでスケッチにはいいんじゃないかな?と思います。

 

いいなと思う点

16パート

TTS-1は、同時に16パートの音を出せるマルチティンバーっていう音源。
ハードシンセでは普通の形式なのですが、プラグイン音源としては特殊な分類かな?

パラアウト

4パラアウトできるので、4つまで別々のエフェクタープラグインを通すことができますよ。
16チャンネルあるんだから、さらに16パラアウトできると良かったのですが…。

音色の編集(エディット)もできる

音色の軽いエディットもできるので、エディットすれば結構使えますよ。

残念な点

他のDAWから使えない

DXiなので対応しているDAWソフトが他にないと思う

どんな音?

軽め

軽いというか薄いというかと言う感じ。
音色を重ねたり、コンプを通せば変わるのかも?

オーディオ化して加工するのもいいかも。

アンサンブルのまとまりはいい

さすがRolandという感じで、マルチパートで鳴らしても邪魔し合うことは少ないですね。

サウンドデモ

 

 

 

 

■■ 愛用しているDTM機材・プラグインの紹介コーナー ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

■DAW/オーディオインターフェース編
StudioOne4 Professional  レビュー記事 サウンドハウス
使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Roland OCTA-CAPTURE サウンドハウス アマゾン
Rolandのロングセラーオーディオインターフェース。10入力10アウトあるからなにかと使い勝手がよくてお気に入り!ハードシンセやギター、ベース、ボーカルをいろいろ録る時に特に便利!マルチプレイヤー系DTMerにいいかも!

■音源プラグイン編
Avenger レビュー記事 
ダンス系で超お気に入りプラグイン。1つの鍵盤押すだけでリズムとベース、ウワモノまで自動で鳴る音色も!これがなかなか楽しいんだな♪
Falcon レビュー記事 サウンドハウス
出音が素晴らしいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 レビュー記事 公式 
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus2 レビュー記事 公式 
簡単にいい音出ちゃうプラグイン音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!
SynthMaster レビュー記事 PluginBoutique 
最近使い始めてますが、なかなかいい感じのソフト音源です。EDM向けのONEがおすすめかな。まずはSynthMasterPlayerで試してみては?

■オーディオプラグイン編
iZotope Neutron3 ADVANCED レビュー記事
噂のAIミックスプラグイン。全チャンネルに挿して使ってしまうくらい癖になる…っていうかこれがなくては生きられないくらい頼り切りです(笑)
Fabfilter Pro-Q3 レビュー記事 PluginBoutique
かなり使いやすいイコライジングプラグイン。EQはこればかり使ってます…。
Waves HOLIZON サウンドハウス
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。今となっては少し時代遅れだけどもまだまだ使えます。

※2019年9月6日現在。終わっていたらごめんなさい(;´∀`)

Cakewalk(SONAR)
スポンサーリンク
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
気に入っていただけましたか?記事をSNSなどで紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
あんどりゅーのあっちこっちDTMブログ

ありがたいコメント\(^o^)/ コメントくださいまし。優しくしてね(笑)

タイトルとURLをコピーしました