StudioOne5.1アップデートをまとめたよ~ん(やんわり版)

この記事は約4分で読めます。

こんにちは!StudioOne大好きなあんどりゅーです。
先日、StudioOneが5.1のアップデートがあったのですが、これがまた強力だったんですよ。
なので、今回は5.1アップデートの内容をかんたんにまとめてみました。

この記事でざっくりアップデート内容を把握して、気になる機能を詳しいサイトなどで検索してみてくださいな😊

StudioOne5.1アップデートをまとめ!

レトロスペクティブレコード機能

StudioOne5.1 レトロスペクティブ機能画面
レトロスペクティブレコード機能は、インスペクタからでも呼び立たせます右の矢印アイコンが赤くなっていたら記録済みなので呼び出してみましょう♪

今回のアップデートでレトロスペクティブレコード機能がつきました。これは古めかしいレコーディングができる機能ではありません(レトロだからってあんた…)

これはレコーディングしてなくても、演奏やパラメーターをバックグラウンドで記録しておいてくれる機能です。このバックグラウンド記録はボタンひとつで実際のトラックに適用できちゃいます。

例えば、「この次のフレーズなににしよかな~」ってMIDI鍵盤で試し弾きするじゃないですか。
で、「あ、これいいやん!」ってフレーズができたら、「じゃあ、レコーディングしよ!」じゃなくてレトロスペクティブレコードを呼び出そ!になるんです。

ちなみにショートカットキーはデフォルトで[shift]+[*](テンキー)でできますよ。

トラック/チャンネル検索機能

StudioOne 5.1 トラックリスト検索
トラックリストから「Saw」で検索。
該当のトラックだけ表示されます。
シーンに登録すればいつでも呼び出せますよ。

トラックリストウインドウでのキーワードの検索や様々な条件でのフィルタリング表示ができるようになりました。フィルタリング結果はシーンに登録していつでも呼び出すことができます。

これでガンガントラック増やしても大丈夫っすね😊

StudioOne5.1 トラックリストフィルタリング
三点リーダーボタンでは細かいトラックのフィルタリングもできますよん。

スコア印刷機能

これは個人的に目玉機能だと思っています。待望のスコアの印刷ができるようになりました!

しかも単に印刷ができるわけではなく、多くの機能が追加され頼れるスコア機能になりました。単一楽器からフルオーケストラまで対応。もちろん折り返しにも対応しちゃってます!

あぁ、StudioOneが超絶便利なツールになりつつあり感無量です😁

ただコード表示にはまだ対応していないのが残念。早く実現して欲しい機能ですが、まぁ、焦らず待ってます。

StudioOne5.1 スコア 譜表プリセット
トラックスコアの譜表プリセットもめちゃんこありまっせ!
StudioOne5.1 スコアレイアウトタブ
レイアウトタブではめっちゃ細かく設定できます。

ショーページの外部インストゥルメント対応

なんと!ショーページでのバーチャルインストゥルメントプレイヤーを使っての外部シンセに対応しました。

つまりショーページ機能で外部シンセをMIDIでコントロールできるようになったということだと思うのですが、よくわかってなかったりします。すみません。

AMPIRE/ストンプボックス追加

今回のアップデートでPedalboardというペダルプラグインがついたのかな?なんかそこら辺が充実したみたいです。(さすがやんわり記事w)

これギタリストだけに関係あると思われがちですが、プリセットにはキーボード用のものもあります。ぜひ遊んでみましょう!ペダルエフェクターだけを使いたい時にいいかも。

StudioOne5.1 Pedalborad

記号トラック(調号/拍子を統合)

これも割と待望の機能だったりします。記号トラックというトラックが追加されました。拍子と調号の指定が専用トラックで扱えるようになりました。つまり念願の転調に対応したってことです!!

これでコードトラックやスコアでも臨時記号に悩まされることはないでしょう。
転調大好きなあなたには朗報なのでは?(笑)
あとはスコアビューにコードが載せられれば最高なんですが。。。

StudioOne5.1 記号トラック
記号トラックでは、拍子と調号1つのレーンで指定できます。

クリップゲインコントロールのバイパス

クリップ単位でゲインのエンベロープが描けるクリップゲインコントロールにバイパス機能が追加されました。ON/OFFでの比較がしやすくなりました。

オーディオでレコーディングしたり、MIDIをオーディオにバウンスする時にいいかもですね。

日本語リファレンスマニュアル

やっとStudioOne5の日本語リファレンスマニュアルがリリースされました。あんどりゅー、英語弱いので助かります(Sorry,Japanese only)

困った時はショートカットキー[alt]+[F1]だっ!
(インストールも忘れずにね😁)

StudioOne 5.1 日本語リファレンスマニュアル
困った時のリファレンスマニュアル。もうちょっと見やすいといいんですけどね。

StudioOne 5.1のアプデまとめの最後に

いやぁ~、マイナーアップデートなのに今回は濃いですね。
僕の拙い記事で魅力が伝わったのかはとても疑問ですが(笑)

では、よいStudioOne DTMライフを♪

■■ 愛用しているDTM機材・プラグインの紹介コーナー ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

■DAW/ハード編
StudioOne5 Professional   使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Roland OCTA-CAPTURE Rolandのロングセラーオーディオインターフェース。10入力10アウトあるからなにかと使い勝手がよくてお気に入り!ハードシンセやギター、ベース、ボーカルをいろいろ録る時に特に便利!マルチプレイヤー系DTMerにいいかも!
Roland FA-07 76鍵のハードシンセ。鍵盤の感触がいいし、鍵盤数がちょうどいい感じでお気に入り!

■音源プラグイン編
Avenger レビュー記事PluginBoutique
ダンス系で超お気に入りプラグイン。1つの鍵盤押すだけでリズムとベース、ウワモノまで自動で鳴る音色も!これがなかなか楽しいんだな♪
Falcon レビュー記事サウンドハウスbeatcloud
出音がUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 レビュー記事公式 
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus3 レビュー記事公式 
簡単にそれっぽい音出ちゃう音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!ただ少し今っぽさが足りないかな。
Spire レビュー記事PluginBoutique
EDMシンセの中で一番のお気に入り。粒立ちがよくて抜けてくれるので、重宝しています。ていうか愛してます!!
BIG KICK レビュー記事PluginBoutique
ダンス系のキック音源。シンプルなのに使える音源です。値段がリーズナブルなのも魅力。
MODO BASS レビュー記事サウンドハウスbeatcloud
生ベースの音を簡単に出したいのならこれ!
UVI MODEL D レビュー記事
お手頃値段のピアノ音源。出音の好みは分かれるが生のピアノ感がたっぷりあり好きな音源です。

■オーディオプラグイン編
iZotope Neutron3 ADVANCED レビュー記事
噂のAIミックスアシストプラグイン。全チャンネルに挿して使ってしまうくらい癖になる…っていうかこれがなくては生きられないくらい頼り切りです(笑)
iZotope Ozone9 ADVANCED 
   噂のマスタリングアシストプラグイン。これをマスターに挿してマスターアシスタントを掛ければいい感じに気持ちよくなる魔性のプラグイン。
Fabfilter Pro-Q3 レビュー記事PluginBoutique
かなり使いやすいイコライジングプラグイン。EQはこればかり使ってます…。
Waves HOLIZON サウンドハウス
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。今となっては少し時代遅れだけどもまだまだ使えます。
■その他編
KOMPLETE 13 SELECT PluginBoutique
アンチKOMPLETEだったのですが、悪魔に心を売って買ってしまいました。なかなか使えるプラグインなども多いです!

※2021年1月15日現在。

StudioOne
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
気に入っていただけましたか?記事をSNSなどで紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
あんどりゅーのあっちこっちDTMブログ
タイトルとURLをコピーしました