StudioOne5が欲しいから気になる機能についてコメントしてみる

こんにちは!DTM星人のあんどりゅーです。
(なんでも言えばいいってもんじゃ・・・)

先日、私の愛するStudioOneがメジャーアップデートでStudioOne5になりました!

といいつつ僕はまだ購入してなくて、まずは物欲記事を書こうかと(笑)

で、今回バージョンアップで追加された機能はたくさんあるのですが、全部は説明はきついので、個人的に気になる機能だけコメントしてみます。

StudioOne5の追加機能の全貌は公式サイトを御覧ください↓

PreSonus | Studio One新機能
Studio One 5.3フリー・アップデートは、演奏&強弱記号の処理統合や出力マッピングを拡張したサウンド・バリエーション、ドラッグ&ドロップでのFXパッチ作成やパッチ変更時にサウンドが途切れないショー・ページ、フォーマット変換とZIPバックアップ・オプション、ドラッグ&ドロップでコード進行のプロトタイプを素早く作...

StudioOne5が欲しいから気になる機能についてコメントしてみる

スコアリング機能

ようやくスコア(譜面)が作成できるようになりました。
普通にDTMをしていると譜面っていらないんですよね。
けど打ち込んだフレーズを手弾きで弾きたいって時にめっちゃ欲しいんですよ。

フレーズのメモをプリントアウトするときにも譜面が便利なんですよね。
ピアノロールだと効率よくないです。。。

というわけで、地味に待望の機能です!

キースイッチ対応

キースイッチにもやっと対応ですね。
正確にはキースイッチ用のオートメーションレーンができたんですって。

最近まではキースイッチ対応のシンセを持ってなかったので、あまり不便に感じませんでした。
が、WorldSuiteやMODO BASSなどキースイッチ対応のシンセを使う機会が増えてきたので、個人的にも嬉しいです。

だって、キースイッチのノートがピアノロールに同居しているのって、なんか違和感あるんですよね(笑)なによりもパット見て把握できないから直感的じゃない。
キースイッチ対応も潜在的に待ってた機能かも。

ライブ・パフォーマンス用ショー・ページ

なんと今回ライブ用の機能がついたんです!
いやぁ、素晴らしいですね!

僕もDAW使ってライブやろうかと思っていましたが実装方法がわからなかったんですよね。
2mixのオケを曲ごとにトラックに分けて…なんて考えていましたが、操作ミスしそうで怖いです。
で、この機能ではその進行をオートマチックにやってくれるといいなぁ。

ライブではプレイ以外の事考えられなくなるので(笑)
というわけで、ライブ用の機能嬉しいです!あとはライブするだけかぁ(笑)

サンプル精度のゲイン・エンベロープ

これよくわかんなかったのですが、オーディオイベントに直接エンベロープをかけるのかな?
公式の画面みると0基準の相対的なゲインエンベロープみたいです。
フェーダーには効果がかからないから、全体的なゲインはフェーダーでできるようになったみたいですね。たぶん。。。

AUXチャンネル

AUXチャンネルってなんじゃらほい?
(表現が古いW)

って思ったら、ハードシンセ絡みの機能みたいですね。

ハードシンセを使う場合って、MIDIトラックとオーディオトラックを用意しないといけなくなったのですが、MIDIトラックだけでイケるようになったのかな?

ハードシンセが使いやすくなるのは、ハードシンセユーザーには嬉しいですよね。音で差別化できますからねぇ。

最高レベルの64-bit/384 kHzレコーディング/マスタリング

StudioOne 5です扱える音質モードも向上したみたいですね。
なんと64bit浮動小数点&384kHzレコーディングができるそうです!

なんだか世界が違う感じですね(笑)
これは現在StudioOneのみの性能らしいです。
ふぇ~。。。

で、StudioOneと言えば音質もいいと言う評判がありますよね。
今回のバージョンアップでも音質が変わって良くなったとのコメントも見受けられます。
これは楽しみだぞぃ。

Artistのサードパーティプラグイン対応

Studio Oneの真ん中のグレードArtistが外部プラグインに対応できるようになりました。
これでArtistユーザーもガンガンプラグイン使えますね!

ようこそ、沼へ!!!

ていうか、今まででもアドオンを使えばプラグイン使えていたからほとんどの人は関係ないのかも?

StudioOne5の気になる機能にコメントの最後に

というわけで、物欲記事も書いたのでいよいよStudioOne5のアップグレード版を購入したいと思います!!

レビューを楽しみにしておいてちょーす!!ですよ(〃∇〃)

■■ 愛用しているDTM機材・プラグインの紹介コーナー ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

■DAW/ハード編
StudioOne5 Professional   使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Roland OCTA-CAPTURE Rolandのロングセラーオーディオインターフェース。10入力10アウトあるからなにかと使い勝手がよくてお気に入り!ハードシンセやギター、ベース、ボーカルをいろいろ録る時に特に便利!マルチプレイヤー系DTMerにいいかも!
Roland FA-07 76鍵のハードシンセ。鍵盤の感触がいいし、鍵盤数がちょうどいい感じでお気に入り!

■音源プラグイン編
Avenger レビュー記事PluginBoutique
ダンス系で超お気に入りプラグイン。1つの鍵盤押すだけでリズムとベース、ウワモノまで自動で鳴る音色も!これがなかなか楽しいんだな♪
Falcon レビュー記事サウンドハウスbeatcloud
出音がUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 レビュー記事公式 
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus3 レビュー記事公式 
簡単にそれっぽい音出ちゃう音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!ただ少し今っぽさが足りないかな。
Spire レビュー記事PluginBoutique
EDMシンセの中で一番のお気に入り。粒立ちがよくて抜けてくれるので、重宝しています。ていうか愛してます!!
BIG KICK レビュー記事PluginBoutique
ダンス系のキック音源。シンプルなのに使える音源です。値段がリーズナブルなのも魅力。
MODO BASS レビュー記事サウンドハウスbeatcloud
生ベースの音を簡単に出したいのならこれ!
UVI MODEL D レビュー記事
お手頃値段のピアノ音源。出音の好みは分かれるが生のピアノ感がたっぷりあり好きな音源です。

■オーディオプラグイン編
iZotope Neutron3 ADVANCED レビュー記事
噂のAIミックスアシストプラグイン。全チャンネルに挿して使ってしまうくらい癖になる…っていうかこれがなくては生きられないくらい頼り切りです(笑)
iZotope Ozone9 ADVANCED 
   噂のマスタリングアシストプラグイン。これをマスターに挿してマスターアシスタントを掛ければいい感じに気持ちよくなる魔性のプラグイン。
Fabfilter Pro-Q3 レビュー記事PluginBoutique
かなり使いやすいイコライジングプラグイン。EQはこればかり使ってます…。
Waves HOLIZON サウンドハウス
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。今となっては少し時代遅れだけどもまだまだ使えます。
■その他編
KOMPLETE 13 SELECT PluginBoutique
アンチKOMPLETEだったのですが、悪魔に心を売って買ってしまいました。なかなか使えるプラグインなども多いです!

※2021年1月15日現在。

StudioOne
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
気に入っていただけましたか?記事をSNSなどで紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
あんどりゅーのあっちこっちDTMブログ
タイトルとURLをコピーしました