【帰ってきた】Cakewalkで気をつけたいことまとめ【SONARへようこそ】

こんにちは!SONAR大好きが止まらないアンドリューです。

昨日のSONARが帰ってきたというニュースはもう知ってますか?
無料ということもあって、いやぁ~インパクトがありました。

【DTM界衝撃】SONARが無料になって「Cakewalk」になって帰ってきたゾ!【ニュース】
こんにちは!アンドリューです! DTM楽しんでいますか? 衝撃的なニュースが飛び込んできました。 開発終了したと思われていたDAWソフトSONARですが、無料になって帰ってきました! (え~~~!マジ!?すっごー...

しかし、これ両手離しでは喜べないのも事実なんです。

というわけで、今回は新SONARを導入する前にちょっと気をつけたいことというか知っておきたいことについてご案内します!

わかりやすくするために、ここでは新SONARCakewalkと表記させていただきます。SONAR表記はギブソン時代までのいわゆるSONARになります。

スポンサーリンク

BANDLABのアカウントをつくらなきゃいけない

まずですね、BANDLABのアカウントがいります。
これはどのDAWでも一緒のことですが、アカウントを作って初めてダウンロード&インストールできます。

これはBANDLABのホームページからできますよ。
ただし現在英語版のみなので英語アレルギーの人はもうちょっと待ったほうがいいかも。

Cakewalk by BandLab

今のところ英語版のみ

ホームページもそうなのですが、本体も英語版のみです。
一部日本語ですが、メニューや設定は英語です。

DTMをもうやっている人は、なんとなく英語は分かると思うので大丈夫だと思います。
メニュー構成、設定項目はSONARとまったく同じなので、調べればSONARの情報が出てくると思うのでなんとかなるのかも。

2018年4月のアップデートでめでたく日本語に対応しましたよ。
【ありがとう!】Cakewalk日本語対応祭りキター【待望のアップデート】
※DTMをやっている人はなぜか英語に強いんです。いや、なぜかじゃないですね。海外製のプラグインを漁っているからだと思います(笑)

Cakewalkの環境設定画面。現在英語版のみ。英語アレルギーの人は様子を見たほうがいいのかも。ただし日本語化の方法もあるらしいです。

64bitWindowsのみ対応

え?中古パソコンに入れたい?
残念ながら32bitOSには対応していないので、その辺注意ですよ。
いやぁ~中古パソコンって未だに32bitOSが入っていること多いですからね(;´д`)トホホ…

まぁ、どっちみち32bitOSでDTMはちょっと厳しいですけど。

Cakewalk by bandlabの最低動作環境。英語ですが、なんとなくわかりますよね?64bit onlyなわけです。。。

SONAR Platinum相当の多機能DAWなのです!

ちょっと聞いてくださいよ。
Cakewalkって無料なのですが、機能的にはSONARの最上位グレードのPlatinum相当なんです!

これスゴいですよ。そうPROChannelが使えます!
各トラックに標準でコンプレッサー、イコライザーなどが入っていて便利ですよ。

って、これは注意することじゃなくて魅力ですね(・_・;)

ProChannelの各モジュールも使える!一部ないのもあるけども。

サードパーティのプラグインは付属しない?

CakewalkはSONARの最上位グレード相当なのですが、いわゆるサードパーティープラグインは付属してないです。

具体的には、AddictiveDrumやMelodyneですね。
(えー!っていう残念な声が聞こえてきそうです(笑))
SONAR Platinumでついていたプラグインはない感じです。

まぁ、SONARって付属プラグインでグレードが違っていたということもありますからね。

しかし、TTS-1などの従来からの入門グレードでついていたプラグイン音源はありますよ。
内蔵のソフト音源だけで曲作りも十分可能です。

4月のアップデートで付属音源が多少増えましたよ。またもやこちらのページで解説しています!
【ありがとう!】Cakewalk日本語対応祭りキター【待望のアップデート】
Cakewalk付属のプラグインシンセの紹介【by BANDLAB】

Cakewalk付属音源TTS-1。最小限構成でもインストールできます。

ピアノロールが黒バック

これはSONARユーザーじゃないとわからないことだと思いますが、ピアノロールの画面が黒バックなのです。

本当は白バックで見やすいんですが。。。
(一番好きなのはTバック…すみません(; ・`ω・´))

今のところ設定でも変えられないです。残念。

※SONARユーザーは変えられる方法があるようですよ。くわしくはこちらっ↓
Cakewalkのピアノロール画面を白くする方法2選!

 

まとめ!

今回のCakewalkの記事はいかがでしたか?

まぁ、主な注意点は英語ってところですね。
DTMに慣れている人ならさほど問題ないと思います。

とにかく無料なので一度インストールして使ってみてください。
僕が溺愛している理由はわかるでしょう(笑)

ではまた♪

■■ 愛用しているDTM機材・プラグインの紹介コーナー ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

■DAW/ハード編
StudioOne4 Professional  レビュー記事 サウンドハウス
使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Roland OCTA-CAPTURE サウンドハウス アマゾン
Rolandのロングセラーオーディオインターフェース。10入力10アウトあるからなにかと使い勝手がよくてお気に入り!ハードシンセやギター、ベース、ボーカルをいろいろ録る時に特に便利!マルチプレイヤー系DTMerにいいかも!
Roland FA-07  レビュー記事 サウンドハウス
76鍵のハードシンセ。鍵盤の感触がいいし、鍵盤数がちょうどいい感じでお気に入り!

■音源プラグイン編
Avenger レビュー記事 PluginBoutique
ダンス系で超お気に入りプラグイン。1つの鍵盤押すだけでリズムとベース、ウワモノまで自動で鳴る音色も!これがなかなか楽しいんだな♪
Falcon レビュー記事 サウンドハウス beatcloud
出音が素晴らしいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 レビュー記事 公式 
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus3 レビュー記事 公式 
簡単にいい音出ちゃうプラグイン音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!
BIG KICK レビュー記事 PluginBoutique
ダンス系のキック音源。シンプルなのに使える音源です。値段がリーズナブルなのも魅力(*´ω`*)
MODO BASS レビュー記事 サウンドハウス beatcloud
生ベースの音を簡単に出したいのならこれ!
UVI MODEL D レビュー記事
お手頃値段のピアノ音源。出音の好みは分かれるが生のピアノ感がたっぷりあり好きな音源です。

■オーディオプラグイン編
iZotope Neutron3 ADVANCED レビュー記事
噂のAIミックスプラグイン。全チャンネルに挿して使ってしまうくらい癖になる…っていうかこれがなくては生きられないくらい頼り切りです(笑)
Fabfilter Pro-Q3 レビュー記事 PluginBoutique
かなり使いやすいイコライジングプラグイン。EQはこればかり使ってます…。
Waves HOLIZON サウンドハウス
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。今となっては少し時代遅れだけどもまだまだ使えます。

※2020年2月1日現在。終わっていたらごめんなさい(;´∀`)

Cakewalk(SONAR)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
気に入っていただけましたか?記事をSNSなどで紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
あんどりゅーのあっちこっちDTMブログ

ありがたいコメント\(^o^)/ コメントくださいまし。優しくしてね(笑)

タイトルとURLをコピーしました