【ライセンス】DTMのPCを移行する時にしておきたいこと【オーソライズ】

こんにちは!あんどりゅーです。DTM楽しんでいますか?
最近、DTM用のPCを強化したのですが、DTMのPCでそれをやるとちょっと厄介です。
なぜかと言うとライセンス問題が起こるから。
DAWやソフト音源のライセンスが切れてしまうことが多いんです。

というわけで今回は、DTM用のPCでストレージはそのままでその他のパーツを変えたときにどうなるのか、そしてどうすればいいのかを実例を交えてお伝えしていきましょう。

ちなみに詳しく解説は他のサイトにおまかせして、ここではオムライスのようにふわっとした解説をさせていただきます(笑)

あ、OSのインストールドライブだけ交換した場合はこちらの記事をご覧くださいな♪

PC移行でやはり厄介なのはDAWやプラグインのライセンスでした。というわけで、それぞれのソフトやプラグイン別にみていきましよう。

ソフト、プラグイン別の対応を見てみる

StudioOneはオーソライズしなおせばOK

そんなに手間がかからなかったのはStudioOne。
ライセンスキーを入れ直すだけでした。まぁ、オーソライズ台数が残っていたのでそれでいけました。
仮にオーソライズ台数が上限になったとしても、公式のユーザーページで旧PCの登録を消せばOK。
またオーソライズすれば解決です!

eライセンサーチームはこういう時だけは楽ちん

CubaseやNexus2はUSBのドングルなのでそのままでもアラートがでるだけ。
管理ソフトで情報を更新すると移行完了です。
こういう時は役に立つ。普段は邪魔なドングルですが(笑)

iLok系は事前にやっておくと吉

iLokを使うUVI系は厄介でした。
できるのなら先に移動手続きをしておいたほうがいいです。
でなければ、プラグインメーカーにリセット手続きがいります。
メーカーの種類が少なければいいけど、多いと手続きが大変です。
僕はUVIがほとんどだったのでUVIにリセット依頼を出してリセットしてもらいiLokでライセンス移行しました。

Wavesも事前にが吉

Wavesも同様で、Waves Centralで先にクラウドに移しておくといいでしょう。

今回はめんどくさいですが、元の環境がサブPCにあったので、ストレージを戻してWavesCentralで移行しました。

0
■■ my DTMgearの紹介 ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

StudioOne4 Professional 商品ページ レビュー記事
使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Falcon 商品ページ レビュー記事
出音が素晴らしいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 商品ページ レビュー記事
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus2 商品ページ レビュー記事
簡単にいい音出ちゃうプラグイン音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!
Waves HOLIZON 商品ページ
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。
SynthMaster 商品ページ
最近使い始めてますが、なかなかいい感じのソフト音源です。EDM向けのONEがおすすめかな。まずはSynthMasterPlayerで試してみては?

※2019年3月6日現在。終わっていたらごめんなさい(;´∀`)

DTM全般
スポンサーリンク
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
記事を紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
アンドリューのあっちこっちDTMブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました