【StudioOne】マウス入力時にベロシティー調整する方法を見つけた!の巻【Cubaseも】

こんにちは!スーパーDTMブロガーのあんどりゅーです。
いかがお過ごしですか?

前回、ピアノロールのノート上でできるベロシティーの調整の方法をご紹介しました。
今回は、その続きでマウス入力時にベロシティー調節できる方法が見つかったのでご紹介します!

これができるとマウス入力でのベロシティー表現がしやすくなるかもですよ。
しかも今回は、StudioOneとCubase共通の技です!
では、いってみましよう!

結論!
マウス入力時に上下ドラッグでベロシティー変更!

目次

マウス入力でついでにベロシティー変化もつけていこう!

前回、ベロシティーをピアノロールのノート上で変更する技をご紹介しました。
大変ご反響をいただき、サーバーが一時ダウンするほどでした(大嘘つきw)
合わせて読みたい【StudioOne】ベロシティーはノート上で調整できるぞい!【便利ワザ】

で、StudioOneでその後もいろいろ検証していたら、また見つけてしまったのです!
我々マウス入力派が恩恵を受けるスーパーな方法を。
(え、いや、僕キーボーディストなんでリアルタイムRec派なんですがw)

それは、マウス入力時にベロシティーを調節できると言う技です。

これは何かというと、マウス入力の時ってデフォルトのベロシティーで打ち込むってイメージじゃないですか?
そして、後でまとめてベロシティーをいじる。

だけど、この技はマウス入力時にベロシティーを上下に変更できるのです。
入力の手間が効率良くできるようになるかも?という技です。

マウス入力時にベロシティーを変更する方法は?

方法はいたって簡単。
マウス入力する時に、クリック(ドラッグ)したまま上下にドラッグするのです。
すると、ベロシティーも上下します。
で、ドラッグを離して決定ってわけです。※1

ね?簡単でしょ?
(記事にしようか迷ったくらいです)

StudioOne マウス入力 ベロシティー

実はこれ、Cubaseでも使えます。
Cubaseでも確認してみたらできたんですよ。 ※2

Cubase マウス入力 ベロシティー


Cubaseユーザーもぜひ使ってみてくださいね!

では、また♪

※1:StudioOne 5 Professionalで確認。
※2:Cubase 11 Proで確認。

PluginBoutique

プラグインのお買い物はここ!

プラグインのお買い物は、Plugin Boutiqueがおすすめ!
海外サイトですが、日本円対応しているしメリット豊富でおすすめです!

  • プラグインの熱いセール
  • プラグインのサンプル音源や動画が充実
  • おまけプラグインがもらえる
  • 期限のないポイント付与

\ みんな使ってるよ/

>>Plugin Boutiqueはこちら    

DTMerみんな使ってるよ。僕も常連さんですゾウ(笑)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

DTM大好きマン。打ち込み歴は30年!
最近はWavesプラグインを使ったミックスにハマってます!
深夜の2時間DTM200曲目前!AudioStockにも多数BGMを登録。
DTMのYoutubeチャンネルやってます(*´∀`*)

StudioOneユーザー(Cubaseも触りますw)。

■■ 愛用しているDTM機材・プラグインの紹介コーナー ■■

目次