【TASCAM】SONAR Platinum導入レポート!ダウンロード・インストール編【ライフタイムフリー】

こんにちは!アンドリューです!

今回は、前回に引き続きSONAR Platinumの導入レポートです。

【TASCAM】SONAR Platinum導入レポート!開梱編【ライフタイムフリー】
先程届いたばかりのダンボール。これ、ただのダンボールではありません。新しいSONAR様が入ってございます!まだ開けるのは気が早いですぞ。まずは味わいましょう(笑)伝票部分がこんもりとしていたので開けてみるとチ...


ついにダウンロードからインストールまでしちゃいますよ!
楽しみですね!
では、レポートいってみましょう♪






まずは、インストールマニュアル通りCakewalkのページにいきます。URLは忘れましたが…。


んで、最初にCakewalkアカウントでログインしなくてはいけません。なぜなら、製品をダウンロードしなきゃいけないからです。ちなみにCakewalkアカウントは、アップグレード製品の申込みの時に作ってありますよ。

 



ログイン画面です。IDはkidou…内緒ですよ(笑)え?英語?とりあえず大丈夫。あとで日本語に切り替えられることがわかったので。

 



IDの入力が終わったら、パスワードの入力。僕のパスワードはですねぇ…教えるわけないですよ。かわいい子以外ね(; ・`д・´)ダメゼッタイ

 



ログイン成功!いやぁ~こういう海外サイトのログインって緊張しますねぇ~。ログインできなかったら、どうしよう!みたいな(笑)

 



で、My Productsというページで、自分の持っている製品のシリアルナンバーなどがわかります。製品付属のソフトの分もあるので、たくさんありますね!よかよか(*´∀`)

 



拡大してみると、Addictive Drums2(ドラム音源)がまぶしい!Dimension Pro?そう、D-Pro(ソフト音源)のことです。SONAR X1でもあったのでおなじみですよね。

 



もちろん、SONAR Platinumもあります!これが主役ですよね!楽しみです!では、SONAR Platinumをクリック!

 



SONAR Platinumの製品情報ページ。シリアルナンバーや製品更新情報が載っています。シリアルナンバーはもちろん内緒。

 



お、メンバーシップの終了期限がメガネ!∞…あ、無限大ですね(笑)しょーもないこと言ってスミマセン^^;けど、無期限なのは嬉しいし優越感あるなぁ。

 



一応、シリアルナンバーのところも拡大。だから、内緒ですって(笑)

 



んでですねえ。インストールには「Cakewalk Command Center」というソフトをインストールしないといけないみたいです。このソフトでインストールソフトの一元管理ができるっていうわけですね。

 



いざダウンロード!あ、もちろんWINDOWS版です。そういえば、SONARもMac用がもうすぐ出るんでしたっけ?

 



ダウンロード後にインストール、起動してみると…。そこにはなんと…いやすみません。ログイン画面があるだけです^^;

 



CakewalkアカウントのIDとパスワードでログインできますよ。入力して接続っ!

 



ログインに成功できたので、そのままSONAR Platinumのダウンロード&インストール画面にいっちゃいましょう。

 



で、「すべてインストール」を選びます。するとダウンロード&インストールがはじまりますよ。

 



こちらがダウンロード&インストール画面。インストール中にSONARの動画をみて時間を潰すこともできます(笑)英語ですけどね^^;

 



SONAR Platinumのインストール完了です!よっしゃ!

 



それでは、Cakewalk Command CenterからSONAR Platinumを起動してみましょう♪わくわく☆

 



今回はCakewalk Command CenterのSONAR Platinumのページの起動から起動します。もちろん、普通にアイコンクリックなどでも起動できますよん。

 



「SONAR 初めての起動です」の画面。SONARシリーズを使っていた人には見覚えある画面なのでは?ちなみに僕はCakewalkProfessional8から使っているので、お馴染みの画面です^^

 



お、SONARの画面が出てきた!なんかカッチョ良くなってる!まったく、ワクワクさせるぜ(笑)

 



というわけで、初期設定画面ですね。どれどれ?

 



オーディオのセットアップ画面。オーディオキャプチャーを指定するだけなので簡単♪僕は、RolandのOCTA CAPTUREを使っているのでプルダウンで指定!

 



次はMIDIのセットアップ画面。僕の場合、OCTA CAPTUREとKORGのDTMコントローラーのnanoKONTROL2があるので、両方指定。MIDIをつかない人は設定しないでもOKだけど、外部キーボードくらいは使いたいところ。

 



エラーレポートの送信をするか?という確認画面。SONAR Platinumは確かにクラッシュするとエラーレポートを送ってくれますが…役に立てているのかは微妙。うーん、けどライフタイムフリーアップデートがあるから、エラーレポートを送ってガンガンバグ取りをしてもらいたい(笑)



始めましょう!の画面。デモソングがあるんだぁ。今まで意識したことはなかったなぁ。まぁ、なんとなくテンプレートを使ってみるかぁ。

 



新規プロジェクトの作成画面。SONAR X1の時と似てるけどちょっと変わったかな?テンポとか拍子、ビット数やサンプリングレートまで指定できるようになりましたね。もちろん、プロジェクト作成後でも変更できますよ。多分(笑)

 



うぇーい!!SONAR立ち上がったぜ。黒ベースでカッコイイ!(変えられます)
いいね、いいね、やる気になる!

まとめ!

今回の新SONARのインストールレポートはいかがでしたか?
え?新しいSONARが欲しくなった?いいと思います!
音楽制作が楽しくなることうけあいです(^o^)

ちなみに後日ちょっとレビューしたので、良かったら読んでみてくださいね!

https://4649blog.net/chigai_sonar-x1_sonar-platinum.html/

0

コメント