【AIプラグイン】Neutron3は2よりも確実に進化してる!買ってよかった!って話。【レビュー】

こんにちは!DTM楽しんでいますか?

先日の記事にあるようにiZotopeのMusic Production Suites2.1をセールの魅力に負けて買ってしました。

で、僕が一番期待していたNeutron3 ADVANCEDを使ってみたのである程度掴めたのでレビューの記事を書いちゃいましょう。

前に持っていたNeutron2ADVANCEDと比べてみてもいるのでNeutron2ユーザーで3にするか迷っている人は特に必見ですよ!

では元気よくいってみましょー\(^o^)/ ☆★☆
(無駄なテンション(笑))

ミックスアシスタントの項目が増えてさらにNeutronはできる子に

Neutronといえば自動的にエフェクターの設定をしてくれる「ミックスアシスタント」。
これが目当てでNeutronを使っている人も多いのでは?

Neutron3ではこの ミックス アシスタントが強化された感じがします。
ミックス アシスタントの処理項目がかなり多くなったので精密な分析・設定がされてるとおもいます。
そのおかげか結果も向上していると思われます。

しかし項目が多い分処理に時間がかかってる気もします。
まぁ、処理数が多くなったので仕方ないですが、何十トラックになるとちょっとねぇ。

Neutron2と3での ミックス アシスタント画面の比較。左が2で右が3。項目だけで3倍に増えているのでなんかすごい感はあります(笑)

拡大できるからNeutron3は作業しやすい!

Neutron3の新機能の画面拡大ができるスケーリング。
2ではそれができなくてやっと実現したって感じです。

やっぱり画面が拡大できるのはいいですね。
Neutron2は拡大できなくてやりにくかったですもん。(特にEQ)
Pro-Q3とかではできるのになぜ?って思っていました。

で、Neutron3で拡大して快適に作業できるようになったわけです。
しかし今までの癖で拡大するの忘れてやりにくそうに作業したりします(笑)

EQのスペアナに関しては大画面だと少しカクカクする気がします。Pro-Q3と比べてですが。
(比べるのはあれですね(笑)グラボ積んであったらいいとは思いますが)

Neutron3 フルHDに拡大
フルHD(1920×1080ドット)に拡大してEQモジュールを表示させたところ。やっぱり全然操作しやすい!

負荷がずいぶん軽くなったNeutron3…とは言い難い!?

Neutron3は負荷は1/3というが売りの一つでしたが残念ながら体感はできません。。。。
Sculptureという音作り系エフェクターモジュールが新しく追加されたからプラマイゼロになっているかもしれませんね。

Neutron3と2の負荷の違い
StudioOneでプラグインの負荷を調べてみました。Neutronは全部トラックアシスタントのまんまです。こうしてみると差はあまり感じられませんね。Sculptureの分重くなってそうです。

Neutron3になってデフォルトで ゲートがない!!

ゲートがデフォルトではない
Neutron2ではゲートがデフォルトで入っていたのでゲート使いにはやりやすかったんですよね。

以前はゲートを使うという習慣はなかったけど、 Neutron2を使うようになってゲートをほぼほぼ使うようになりました。
ていうかゲートがないとダメな体になってしまいました。
(iZotopeさん責任とって)

ダンスミュージックでパート数が多いと歯切れの良さをゲートで出していたのですが。。。
まぁ、ケートモジュールを出すのはそんなに面倒ではないですが、やっぱりめんどくさい。
全トラックだもの(笑)

Neutron3のゲートがデフォルトではない。
ミックス アシスタントしたあとにゲートがデフォルトではなくなっちゃったんですよね。もちろん追加はできますが。。。

あいかわらずNeutronのEQはステレオやMS対応ならず

Neutron2で一番不満だったのがEQがステレオやMSに対応していないことでした。
パートが多いダンスミュージックはマスターじゃなくてもMS処理してEQしたいこともあるのです。
Neutronでは無理なのでそういう時はPro-Q3でEQしていました。

では、Neutron3になったらどうなのか?
残念ながらこの機能は付きませんでした。
やはり餅は餅屋。特殊なEQはEQプラグインでやってねってことなんでしょうね。

ありがたいコメント\(^o^)/ コメントくださいまし。優しくしてね(笑)

タイトルとURLをコピーしました