【比較音源あり】CeVIO AIさとうささらさんのソングスターター買ったのでCSとの比較レビューするぞの巻【買ったよ】

この記事は約5分で読めます。


こんにちは!エンジョイDTMerのあんどりゅーです。いかがお過ごしですか?
今回は、CeVIO AIのさとうささらさんのレビューをしたいと思います。

そう、物欲記事で書いたCeVIO AIのさとうささらさんのソングスターターを買ってしまいました!(ドンドンパフパフ~)

【物欲】CeVIO AI さとうささらさんのソングスターターがほしいぞ!【ブラックフライデーですし】

で、せっかくなんで従来のCreative Studio(以下CS)との違いをメインにお送りしたいなと思います。では、いってみましょ(*´∀`*)

※比較音源追加しました!

ソングエディタはCSと同じ操作性

以前CeVIO CS使っていた時、AIってエディタ一緒なのか気になっていました。
結果から言うと、CSとAIはエディタの見た目は同じです。強いて言えばデザインが少し違うくらいです。
だから、僕はAIとの違いを意識せずに使うことができました。

なのでCSを使っていてAIが気になっている人は、そのまま移行できますよ。

ただ、プレビューしながら使っていると、少し重いかな?と感じることがあります。
ノートを移動していると一呼吸待ち時間があります。
(DTM用のPCなんでそんなに性能が低いわけではないはずなのですが。。。)
なので、性能の低いPCを使っている人は気をつけたほうがいいかもです。

※CSのデータを読み込んだ時は少しモタリましたが、AIで新規で作るとモタリはないようです。

余談ですが、AIで曲を作っていて、あれ?強弱記号を入力できない?と戸惑ってしまいました。
AIだから自動的に判定してくれるのかな?なんて思っていましたが、レーンの設定を表示させないといけないんでしたね。。。

AIの歌声はやっぱりナチュラル!けど調声はいるかな

CeVIO AIで気になるのは歌声ですよね?
これはですねぇ、やっぱりナチュラルです。調声しなくても歌ってる感あります。

※ここからは調声なしで再生した感想です

AIは、ロングトーンが気持ちいいです!ただ伸ばすって感じではなく「気持ちが入っているなぁ」でって感じ。
シャクリとかもある程度そのままやってくれる感じです。

ブレス」はCeVIO AIでは多めでこれがさらに生っぽさを醸し出しています。
ただ、コンプをかけるとブレスが悪目立ちしちゃうことがあるので、何らかの処理はいるかもです。

CSは、ボカロっぽさが強かったですが、AIは生の歌声が好きな人にはとてもおすすめです。

ちなみに声質スライダーはCSより上に設定しても使える感じです。
CSの時って、真ん中より上ってささらさんらしくなくて使わなかったんですが、AIなら真ん中までは使えるかなって印象です。
個人的な感想ですけどね。

CeVIO CSとAIの音源を聴き比べてみよう!

では、お待ちかねの音源のコーナーです(笑)
CeVIO CSとAIで聴き比べしてみましょう。

ドレミファソラシドで比較

まずは、単純なドレミファソラシドから。

まずはCeVIO CS版。ドレミファソラシドを2オクターブ上がって降りてしてます。厳しい高い音域もピッチは安定しています。
同じフレーズをCeVIO AIに。音域外の高いピッチのズレも再現されているみたいです(笑)

いかがでしたか?
csの方が人の声の音域外の高域でも安定はしていましたね。
逆にAIの方は心配になっちゃうくらいピッチが不安定でした(笑)
これはそれぞれのピッチの画面を見比べれば一目瞭然だったりします。

ね?CeVIO AIの高域のロングトーンはやばいです(笑)
それだけ人の歌い方を模倣できているってことですよね。

音域内であれば、AIのほうが情緒豊かで歌心はあるなぁと思いました。
調声無しでこれだけできれば、まず表現に困らないんじゃないでしょうか?

実際の曲で比較

次は、僕が歌詞統一祭で作った曲のボイスのみで比較してみます。
原曲はCS版で作ったので調声してあります。
AI版は、CS版のファイルを読み込んで調声データを全削除しました。
強弱記号のみ残してあります。

風鳴る月夜CS版、ボイスのみ。調声してます。
風鳴る月夜AI版、ボイスのみ。調声なし。(イントロロングトーンコーラスのみピッチを付けてます)

いかがでしたか?
もうこれは好みの問題なので、一言で片付けられないと思います。
僕はAIの方が好きですが。

比較してみて

比較した結果、従来のボカロのように人間の音域外も使って機械的に表現したい人はCSがいいと思います。CSじゃないと音域外のピッチ安定しないですし。

人間が歌うような…もしくは人間の代替手段としてCeVIOを使いたいのならAIがいいんじゃないでしょか?調声しなくても次第点の表現はしてくれますので。

CSCeVIO CSで作ったデータはちゃんと読み込める!

CeVIO CSユーザーで気になるのは、互換性ですよね?
試しにCSで作ったデータを読み込んだのですが、ちゃんと読み込めました。

ただ、なぜか最初に読み込んだときにコーラスデータが再生に遅延が出てたのですが、いつの間にか直ってました。

あと調声してあるデータの場合はうまく再現できないので、調声したデータを消去してあげれば普通に再生できますよ。

あとがき

というわけで、今回はかんたんにCeVIO AI のさとうささらさんのソングスターターのレビューをしてみました。
CeVIO CSと比べると割高感はありますが、買ってよかったと思っています。

けど、1PCにしか入れられないのはなんとかならないですか(笑)

あっ、そうそう。今回僕はDL Siteのセールで買いました。
クーポンを複数使って23%引き(だったかな?)でゲットです。

CeVIO AIはなかなか安くならないので、安いときに思い切って購入すると吉です😁
(DL Siteでは11月中は安いみたいです)

では、あなたもCeVIO AIユーザーになって僕と握手ですねw

■■ 愛用しているDTM機材・プラグインの紹介コーナー ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

■DAW/ハード編
StudioOne5 Professional   使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Roland OCTA-CAPTURE Rolandのロングセラーオーディオインターフェース。10入力10アウトあるからなにかと使い勝手がよくてお気に入り!ハードシンセやギター、ベース、ボーカルをいろいろ録る時に特に便利!マルチプレイヤー系DTMerにいいかも!
Roland FA-07 76鍵のハードシンセ。鍵盤の感触がいいし、鍵盤数がちょうどいい感じでお気に入り!

■音源プラグイン編
Avenger  ダンス系で超お気に入りプラグイン。1つの鍵盤押すだけでリズムとベース、ウワモノまで自動で鳴る音色も!これがなかなか楽しいんだな♪
Falcon 出音が気持ちいいUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus3 簡単にそれっぽい音出ちゃう音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!ただ少し今っぽさが足りないかな。
Spire  EDMシンセの中で一番のお気に入り。粒立ちがよくて抜けてくれるので、重宝しています。ていうか愛してます!!
BIG KICK  ダンス系のキック音源。シンプルなのに使える音源です。値段がリーズナブルなのも魅力。
MODO BASS  生ベースの音を簡単に出したいのならこれ!
UVI MODEL D お手頃値段のピアノ音源。出音の好みは分かれるが生のピアノ感がたっぷりあり好きな音源です。

■オーディオプラグイン編
iZotope Neutron3 ADVANCED 噂のAIミックスアシストプラグイン。全チャンネルに挿して使ってしまうくらい癖になる…っていうかこれがなくては生きられないくらい頼り切りです(笑)
iZotope Ozone9 ADVANCED 噂のマスタリングアシストプラグイン。これをマスターに挿してマスターアシスタントを掛ければいい感じに気持ちよくなる魔性のプラグイン。
Fabfilter Pro-Q3 かなり使いやすいイコライジングプラグイン。EQはこればかり使ってます…。
Waves HOLIZON エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。今となっては少し時代遅れ感あるけどまだまだ使えます。
■その他編
KOMPLETE 13 SELECT アンチKOMPLETEだったのですが、悪魔に心を売って買ってしまいました。なかなか使えるプラグインなども多いです!

※2021年1月15日現在。

DTM全般その他プラグイン
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
気に入っていただけましたか?記事をSNSなどで紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
あんどりゅーのあっちこっちDTMブログ
タイトルとURLをコピーしました