【UVI】Falcon買ったぞ!とそのレビュー☆【ハイブリッド音源】

こんにちは!アンドリューです。
いかがお過ごしですか?

ちょっと前にハイブリッド音源のUVI Falconが欲しいという記事を書きましたが、ついに購入してしまったのでちょこっとレビューを書いてみたいと思います。

結論をいうと、プリセット音色はちょっと物足りないですが、出音も機能もデザインもお気に入りなのでFalconというかUVI党になりつつあります。

ということでFalconのレビューいってみましょう!




出音は落ち着いた上品な感じ

まずいちばん気になる出音から。
出音は最高です!最初弾いたときはビックリしましたよ。お~っマジっすか?って(笑)

最高です!じゃ伝わらないですよね(笑)
派手さはないけど上品ですね。落ち着いているというか。
ただ音色は変化するものが多いので地味ということは決してありません。

上の方にあるAnimatedという鍵盤を押しているだけで楽しいのカテゴリーを最初に弾いたのですが、楽しい音色は多いけどその分音色は重かった(笑)

ファクトリープリセットは1000音色ありお得感はあります。音色数王のOmnisphere2ほどではないですが(笑)

基本的な音色は無いか少なめといった印象。例えば生ドラムや生ベース、生ピアノは無いに等しいです。
プリセットの音色はダンスミュージックやEDM向きかなぁ。

Falconの音色カテゴリーリスト。音色満載感はあります(笑)


といっても、オシレーターはアナログモデリングからウェーブテーブル、サンプルベースまで何でも来い!の構成なので音色作るのもよし、エキパンで音色強化するのもよし!といった感じです。
そういった意味でも拡張性が頼もしいです!

 
※サンプルベースのオシレーターは、IRCAM Granular、IRCAM Multi Granular、IRCAM Scrub、IRCAM Stretch、Sample、Slice、Stretchの7種類、シンセシスオシレーターは、Analog、Analog Stack、Drum、FM、Noise、Organ、Pluck、Wavetableの8種類の計15種類あります。やりすぎじゃないですか?(笑)
 

Falconのオシレーターの種類リスト。画面右部分はブラウザになってますよ。



 

音色の拡張性も魅力!

FalconはさらにUVIのインストゥルメントプラグインも読み込ませることができるのが便利だと感じました。
インストゥルメントプラグインはFalconのプリセット同様に扱えるのでいいですよ。

僕は前にDigital Synsationというインストゥルメントを持っていたのですが、それを読み込ませたら結構使える音色が多くてほっこりしてます(笑)

UVI Workstationと上位互換性があるのでプラットフォームとしてもこれから楽しみです。
UVIのインストゥルメントは種類はそんなにないですが、アナログシンセ系から大正琴や民族系まで製品ラインナップがあるので、将来音色が欲しくなった時も困ることはないでしょう。
お金があればですが(笑)

 
※セミビンテージのデジタルシンセを再現して音色を作り直している?UVIインストゥルメント。公式サイト

FalconのエキパンやUVIのインストゥルメントを同列に扱えるのが便利。KONTAKTみたいな感じかな?


マルチティンバーで何パート同時使用も簡単!

僕個人的にはマルチティンバーも魅力です!
公式に最大パート数が書いてないので実験してみたら64チャンネル(16パート*4バンク)できました!
マルチアウトももちろんOKなので、こうなるとFalconメインで楽曲をつくりたくなるw

Falconの左側はマルチティンバーのパートリストになっています。視認性が良くて見やすいです。

ただしちょっと重い

けど、調子に乗って使っているとすぐに重くなるのが弱点。
エフェクターなどの機能が充実していて、重くなるのは納得です^^;
僕みたいなロースペPC民はPCを強化するかフリーズしながら使うと幸せです。

 

ライセンスはiLokだけどUSBはいらないのです!

ライセンスはiLockでちょっとだけめんどかったです。
けど、USBのドングルもいらないし、3台まで使えるので、煩わしさは感じません。
まぁ、今どきのソフト音源はこんなもんだろうなぁ。

 

Falconレビューのまとめ!

というわけで、Falconのレビューをしてきましたが、とどのつまりなかなかいいんじゃね?ってことです(笑)

まぁ、セールで買いましたが、大正解でした。結果オーライだけども(笑)

では、またまた♪

 

 


 

 

 

 

0

コメント