【Waves】Gold Bundleのプラグインのぷち解説とプチレビューしてみた【入門編】

今度はSilverの一つ上のバンドルGoldのプラグインの紹介とちょっとレビューでっす!

AudioTrack(チャンネルストリップ)

Q10を基にした4バンドEQとコンプとゲート搭載のチャンネルストリップ。Silverにはチャンネルストリップはなかったから使い方によっては重宝するかも。

とりあえずチャンネルに入れておくというのもあり。ただ…このプラグインの存在は薄いようですw

個人的にコンプはC1のキャラっぽいのでちょっと使いにくいかなと。
特徴参考になるページ画像
  • EQバンド・フォーカス機能:選択したバンドのみを表示し、素早くバンドごとの値を調整可能に
  • 倍精度処理:64bit精度での32bit浮動小数点処理に対応
  • Comp、Gateのゲインリダクション・メーターを独立して表示
  • 4バンドパラグラフィックイコライザー;コンプレッサー/エクスパンダー;ゲート
  • 複数のプロセッサユニットを1ウィンドウに表示
  • EQ〜コンプレッサー/エキスパンダー〜ゲートをシリアル接続
  • レベルメータおよびゲインリダクションメータ搭載
  • サンプル単位の精度を誇るピークホールド/クリップメータ
  • 効率的なアルゴリズムにより実現された複数トラックでの同時使用
  • オートマティックゲイン補正機能付ピークリファレンスコンプレッション
  • 倍精度ビット解像度処理
  • EQバンド・フォーカス、独立したGate/Compメーターを搭載
  • Mono/Stereoコンポーネント

C4 Multiband Compressori(マルチバンドコンプ)

RenaissanceコンプとC1の技術を組み合わせたマルチバンドコンプ。
バンドごとにコンプ、エキスパンション、EQ、リミッターをかけられるという便利なプラグイン。
ベースはRenaissanceコンプなので、事実上Renaissanceのマルチバンドコンプだと思われます。たぶん。。。
特徴参考になるページ画像
  • 完全パラメトリック4バンド コンプレッサー、エクスパンダー、リミッター、EQをで使用可能
  • ARC – Wavesの特許技術であるARC(Auto Release Control)を採用、スレッショルド、レンジ、ゲイン、アタック、リリース、周波数帯域幅を各バンド毎に独立して制御可能な真のパラメトリック・コントロール機能
  • DynamicLine 全パラメータの同時表示 Waves独自のセレクト&ドラッグ機能
  • 32bit浮動小数点にディザリング出力し、優れた解像度とクリップのないパフォーマンスを実現
  • スロープ可変のQ幅コントロール
  • Mono/Stereoコンポーネント

Doppler(ドップラー効果)

ドップラー効果を出すプラグイン。救急車が通り過ぎていく効果がマジで得られますよ!
まぁ、飛び道具ですが、あると重宝するのでは?ドップラー効果を使った曲中SEも簡単にできるので面白いです。
リアルタイムグラフィックで音源がどう通過しているのかわかるのもおもしろいです!
しかもドップラー効果だけではないらしいですよ。よくわからないですが(笑)
くれぐれも綴りのよく似たDoublerと間違えないようにね!(よくやりますW)

特徴参考になるページ画像
  • 自動検出またはマニュアルトリガー
  • クリエイティブなクリック&ドラッグで簡単
  • Energy、Manual、Continuous Cycling、One-shotモード
  • Time/Brightnessコントロール付Reverb
  • Mono-to-StereoおよびStereoコンポーネント

Eddie Kramer Drum Channel(ドラム用チャンネルストリップ)

ドラム用のプラグイン。これだけなんかwavesのルックスではないんですが(笑)
キックやスネアなどパーツごとのモードがあるので試してみると面白いかも。

特徴参考になるページ画像
  • 完全なオールインワンプロセスチェーン
  • モノラル/ステレオコンポーネント
  • 最適化されたコントロールレンジ

Electric Grand 80 Piano(エレピ音源)

Wavesでは珍しい音源プラグイン。しかもエレピ音源!
見た目も出音もなかなかいいのですが、負荷がちょっと重め。
DAW付属のエレピ音源にありがちな出音のチープさはなくちゃ

特徴参考になるページ画像
  • エレクトロ-アコースティックのクラシックとも言える、80-モデル エレクトリック・グランド・ピアノをサンプル収録
  • オリジナルモデルにあったトーンコントロールを搭載
  • Mixセクションでは、異なるサンプルサウンドをブレンド可能(キー、メカニカル、サステインペダル)
  • コンプレッサーとリミッターを内蔵
  • トレモロ、オートパン、フェイザー、コーラス、リバーブなど多彩なエフェクト
  • プラグイン、またはスタンドアローンのインストゥルメントとして使用可能

eMo F2 Filter(フィルター)

フィルターのプラグイン。ライブサウンド向きらしいです。よくわかりません。
eMoシリーズはeMotion LV1 Live Mixerのプラグインとして使われるので、DTMでは使わないかなぁ~

だけど、左右で別々にフィルタリングできるので飛び道具に使えるかも?

特徴参考になるページ画像
  • 2バンドの18dB/octのハイパス/ローパス・フィルター
  • ステレオの左右で独立したフィルタリングが可能
  • 大きなGUIで見やすく高い操作性を確保
  • マルチタッチ対応
  • ゼロ・レイテンシー
  • 非常に低いCPU負荷
  • ノイズや不自然さの無い、スムーズなフィルター

eMo Generator(オシレーター?)

先のプラグインに続いてeMoシリーズなんですが、今度はジェネレーター。ジェネレーター?って感じですが、要は生成っていう意味でサイン波やホワイトノイズやピンクノイズを作れます。
ノイズはソフト音源で作るより本物っぽい?ノイズです(笑)
サイン波も周波数を指定できるのがミソ。周波数を聴けるだけ高くしていけばモスキート音の耳年齢診断ができます(新しいWavesの使い方(笑))

いろいろ遊べますが、基本は測定やチェック用のプラグインです。

特徴参考になるページ画像
  • 3種類の主要なシグナルから選択: ピンク/ホワイトノイズ、正弦波
  • 正弦波は全周波数帯域をスウィープ可能
  • 可変式のゲイン調整、ショートカットアサインも可能
  • 大きなGUIで見やすく高い操作性を確保
  • マルチタッチ対応
  • モノ、ステレオ対応
  • ステレオモードでは左右独立してシグナルを出力可能

eMo Q4 Equalizer(EQ)

eMoシリーズの4バンドイコライザー。たぶんマルチタッチ対応なのがライブ向けということでしょう。
ゼロレイテンシーで遅延なしということは軽いと思うし、音質もいいみたい。
ライブ用途ぽいけど、DTMでもいけると思います。
左右別々にEQできるのも魅力。

特徴参考になるページ画像
  • 4バンド・パラグラフィックEQ
  • 可変式のEQスロープ(Q)
  • ステレオの左右で独立してEQ処理が可能
  • 大きなGUIで見やすく高い操作性を確保
  • マルチタッチ対応
  • ゼロ・レイテンシー
  • 非常に低いCPU負荷
  • ノイズや不自然さの無い、スムーズなフィルター

GTR3 Amps(ギターアンプシミュレーター)

GTR3はギターアンプシミュレーターのシリーズ。このGTR3 Ampsはギターアンプシミュレーターでベースアンプシミュレーターも入ってますよ。
同種のギターアンプシミュレーターに比べて動作も軽めで音もなかなかいいので個人的におすすめです。

特徴参考になるページ画像
  • 19種類のギターアンプ、7種類のベースアンプ、22種類のキャビネット、26種類のストンプ。
  • Neil Citronアンプ、クリーン・アンプ、ドライブ・アンプ、ハイゲイン・アンプ、ベースアンプのカテゴリー。
  • ドラッグ&ドロップの直感的な操作性と、リアルタイムMIDIコントロール機能。
  • スタンドアローン起動をサポート。

GTR3 Stomps(ギターエフェクター)

GTR3のエフェクターボードプラグイン。コンパクトエフェクターが6種類セッティングでき、GRT3 Ampsにつなぐことかができます。

特徴参考になるページ画像
  • ディストーション5種類、モジュレーション10種類、空間 / アンビエンス系エフェクト4種類、ベーシック7種類装備。

GTR3 ToolRack(ギターエフェクター)

GTRが1セットになったのがToolRackです。たぶん。AMPにすると左右2つ並ぶのは、左右で違うアンプにできるっぽいです。

特徴参考になるページ画像
  • 32 amps and 29 cabs
  • Multiple mics and mic settings
  • Standalone, no DAW required

GTR3 Tuner(ギターチューナー)

GTRのギターチューナーですね。クロマチックはもちろんいろいろなモードに対応していますよ。
懐かしの針が左右にスライドするタイプの表示が小憎いですw

特徴参考になるページ画像
  • Precision accuracy
  • Chromatic tuning
  • One-click inline accessibility

H-Comp Hybrid Compressor(コンプ)

Hシリーズのコンプレッサー。ここからHシリーズということですが、HシリーズとはHybridのHでアナログとデジタルのHybridということだと思います。(多分)アナログモデリングのプラグインってことですね。
で、H-Compですが、4種類のアナログ実機のコンプレッサーをするモデリングしているのが特徴で、つまみで選択できます。だから好きなコンプのキャラを選べるってことですね。
もちろんリミッターモードあり!

特徴参考になるページ画像
  • アナログリリース動作をモデリング
  • 簡単にパラレルコンプレッサー処理ができるWet/Dryミックス
  • ユニークなトランジェントパススルーコントローラー
  • 独自のBPM同期リリース機能
  • キャラクターモードAnalogを用意
  • limiter/clipper出力モード
  • 外部サイドチェーン対応
  • BPM読み取り

H-Delay Hybrid Delay(ディレイ)

Hシリーズのディレイです。アナログディレイのモデリングかな?
このプラグインもアナログモデリングを4つから選べますよ。
LoFiモードも面白そう♪
アナログディレイは初めて使ったけど、これいいかも。
特徴参考になるページ画像
  • ピッチディレイタイムの可変動作
  • キャラクターモードAnalogを用意
  • 無限フィードバック対応
  • LFOコントロールできるピッチモジュレーション
  • LoFiモード
  • Tap + BPM同期
  • 完全MIDI対応

MetaFlanger(フランジャー)

シュワシュワでおなじみのフランジャー。
フランジャーもあまり使ったことなかったけど、音色の味付けにつかえそう。
いい感じにかかるのがいいなと。
ビンテージタイプのフランジャーなどを再現してるらしいです。
特徴参考になるページ画像
  • テープディレイエミュレーションスイッチ
  • LFOデプスと波形表示
  • LFOをフリーズさせるModulation Stopスイッチ
  • ビンテージ機器のエミュレーションを含む幅広いプリセット
  • テンポ同期
  • Mono/Stereoコンポーネント

MV2(オートフェーダー?)

コンプみたいに大きい音量の信号を潰して音量差をなくすのではなく、小さい音量をフェーダーで持ち上げることで音量差を少なくするプラグイン。
元のニュアンスを残したまま音量ダイナミクスを狭くできるってことですね。

特徴参考になるページ画像
  • MaxxVolumeゆずりのエンジンを搭載。
  • ハイ/ロー・レベル・コンプレッション処理を二つのパラメーターでコントロール。
  • 倍精度ビット解像度処理。
  • Mono/Stereoコンポーネント。

PS22 Stereo Maker(ステレオエミュレーション)

なんとモノラルの音声をステレオ化できるプラグインだそうです。
同じくWavesのS1 Stereo Imagerでもステレオ化できるのですが、PS22は特定帯域だけステレオ化できるのがミソ。
あとで試してみよう(笑)

特徴参考になるページ画像
  • 3つのコンポーネント:PS22-Spread、PS22-Split、PS22-XSplit
  • 音響心理学に基づいた空間認知の強調とフェーズの補正
  • モノラルの互換性を維持
  • オリジナル信号の周波数分布をそのまま保持
  • L/RとMSメーターによるモニタリング
  • MultiRack Nativeにも対応

Renaissance Reverb(リバーブ)

RenaissanceシリーズでGoldバンドル初登場はこのR-Reverbだけですね。ビンテージリバーブということでデジタル感はないのかな?

特徴参考になるページ画像
  • 12種類のリバーブタイプから選択可能
  • EQによる繊細な初期反射が可能
  • より細かな微調整を行うDe-correlation機能
  • ドライ信号を遅延させるマイナス値設定可能なPredelay
  • Mono-to-Stereo、Stereoコンポーネント

UltraPitch(フォルマントピッチシフター)

ボーカル向けのプラグインかな?
ピッチをいじったりハーモナイズやモジュレートができるみたいですよ。
興味深いのは、フォルマントピッチシフターなので男性の声を女性の声に変えたりと言ったことができるみたいですよ。
その他にもアルトサックスをテナーサックスに変えたりも。

女声にするの試してみましたが意外と女声になります(笑)
正式な音源には厳しいかもですが仮歌ならいけるかも。
とにかく楽しいです(笑)

特徴参考になるページ画像
  • 3つのPlug-inモジュール:Shift、3-Voice、6-Voice
  • Pitch DetectorとVoice Characterグラフ
  • Animation Amountコントローラーを使用したランダムな非同期
  • LinkまたはFreeフォルマント補正カーブ
  • Mono/Stereoコンポーネント

V-Comp【コンプ】

ハードウェアコンプレッサー「2254」のサウンドを再現したコンププラグイン…だそうで。
反応が早いのでパンチのあるサウンドメイクになるのかも?
クリアなサウンド向きではないようです。

特徴参考になるページ画像
  • 評価の高い2254コンプレッサーをモデリング
  • Mono/Stereoコンポーネント

V-EQ3(イコライザー)

V-Comp同様にハードウェアの機材を再現したイコライザー。名機1066/1073モジュールをモデリングしているらしいですよ。
60年代や70年代のリッチでクラシックなサウンドメイキングにどうぞ。(知らんけど(笑))

特徴参考になるページ画像
  • ビンテージの代名詞でもある、1066/1073モジュールをモデリング
  • Mono/Stereoコンポーネント

V-EQ4

V-EQ3の続きはV-EQ4です。”3″は1066/1073のモデリングだったのですが、”4″は1081だそうです。よくわかりません(;・∀・)
サウンドキャラクターも60~70年代のリッチでクラシックな…とV-EQ3と同じなので差がわかりません(´ε`;)
サウンドのキャラクターが合えば使ってみたい気もします。

特徴参考になるページ画像
  • クラシックな1081コンソールモジュールをモデリング(V-EQ4)
  • Mono/Stereoコンポーネント

Vitamin Sonic Enhancer

特徴参考になるページ画像

VU Meter

特徴参考になるページ画像

Waves Tune LT

特徴参考になるページ画像
0

コメント