【チート?】Neutron3で楽ちんミックスDTMのススメ(改訂版)

こんにちは!あんどりゅーです!いかがお過ごしですか?
突然ですが、 AIミックスプラグインのNeutron3って使ってますか?

僕はNeutron3大好きで、過剰に使ってしまって廃人になるほどです。
(やばいNeutron3は気持ちよすぎる!!)

というわけで、今回はAIミックスプラグインNeutron3のススメ!という記事をいきます!

Neutron3とは何じゃい?おさらい!

Neutron3のことを知らない人がいると思いますから、ちょっぴりおさらいしてみましょう!

NeutronはAIミックスプラグインなのです!

Neutron3とは一言で言えばどんなプラグインなのでしょうか?

一つの答えとして「iZontopeのAI Mixプラグイン」と言えるでしょう。
つまり自動でミックスしてくれるプラグイン。

…なのですが、僕のイメージではちと違うんですよ。
「自動でミックスをしてくれるプラグイン」…と一般的に言われていますが、僕は「自動チャンネルストリッププラグイン」だと思います。

つまり、自動的に音をいい感じにしてくれるプラグインです(溢れる語彙力)

自動プラグインって言われますけど、実は従来のような手動の設定もできますよ。
普通のオーディオプラグインとしてもつかえます。
(一粒で二度美味しいですね。。。違うか)

てか自動だったら、DTMerいらないじゃん?

そうですね(真顔)

いやいや、そんなことないです(笑)
Neutron3ってサウンドを完全に最適化するわけではないんですよね。
余力を残しているので、厳密に言えば手動で微調整や追加の処理はいりますよ。
(後述しますがローカットが甘かったりするので、必要に応じて別途ローカットがいります)

人類にはまだ早すぎたと言われる(ウソ)Neutron3(Advanced)
※この記事の画像はクリックで拡大できます。

Neutronには3つのグレードがある!

Neutron3には3つのグレードがあります。

Elements
入門者グレード。素人さんはここから(煽りかな?)。プラグイン通販のおまけで付いてくることも。ここから徐々に廃人になっていく(ウソ) ダイナミックEQやマルチバンド機能などが非対応です。
Standard
真ん中のグレード。中途半端…と言ったら怒られる?😓とはいえどちらかと言うとAdvanced寄り。エフェクター充実してるし。通信とかミックスアシスタントや個別プラグインが使えないくらい?
Advanced
最上位グレード。漢なら黙ってこれ!(漢女も!)高いけどね!!!僕はAdvencedですよ。ふふふ。

僕個人的にはADVANCEDがおすすめです。
エフェクトのモジュールの使える種類やモジュールを個別プラグインとして使えたり、すげぇーやつです。
高いですが、元は十分取れるでしょう。

【関連サイト】PluginBoutiqueのNeutron3販売ベージ

Neutronの楽ちんな「アシスタント」の使い方

Neutronの王道の使い方「アシスタント」の使い方を伝授しましょう。

チャンネルにインサートして使う

まずはNeutron3はチャンネルにインサートして使います。
PCの余力次第で全てのチャンネルにインサートしちゃいましょう!
(絶対というわけではありません)

ちなみに全トラックを選択してから挿入すれば全部のトラックに一気に入れることができますよ。
(StudioOneにて確認)

こんな風に穴という穴全トラックに挿しちゃいます!

トラックアシスタントとミックスアシスタントの違い

Neutron3には2つのアシスタントがあります。

一つは有名なトラックアシスタント
トラック音をAIが判断して適切なエフェクター設定にしてくれるというもの。
これは全グレード対応。

ミックスアシスタントは、指定トラックの音量バランスをAIが提案してくれるというもの。
これはAdvancedのみ対応です。

TrackAssistantで脱初心者音源!

まずはトラックアシスタントを使ってみましょう。

Neutron3を刺したらおもむろにMixAssistantボタンを押しましょう!

DTM業界の禁じ手のMix Assistantボタン(うそ)
一度使ってしまうと頭がアレになってすご~い感じになって元の世界に戻ってこれないという。。。
※ちなみにElementsはTrackAssistantボタン

グレードによって画面が少し違いますが、まぁ、TrackAssistant少しだけ設定はありますが、曲を聴かせれば自動的にいい感じに音を仕上げてくれます。

Advancedはミックスアシスタントとの選択画面があります。
ミックスアシスタントの自動加減も指定できますよ!1段目がトラックの楽器の種類、2段目がは仕上がりのスタイル、3段目はかかり具合です。
トラックアシスタント後の画面。いい感じに設定してくれる。もちろんこの結果を元に修正もできる。トランジェントシェイパーとゲートは設定されないので必要に応じて設定しよう。

自動でミックスにはMix Assistant!

Advancedグレードのみですが、MixAssistantも使ってみましょう。
各トラックに挿したNeutron3やRelayなどと通信して音量バランスを取ってくれます。

…と思ったのですが、割愛させていただきます(笑)

MixAssistantは音量のバランスを取ってくれるのはいいですが、DAWのフェーダーを変えるわけではなくプラグイン内部で音量バランスを取るので後で微調整しにくいしパンニングを自動にやってくれないなど、まだ積極的に使う機能ではないと思うのです。

可能性を感じる機能ですけどね!

どのトラックのミックスをするのかとフォーカスするパートの設定画面。
ミックスアシスタントに頭から聴いてもらいます。
各パート群のバランスの微調整もできる
結果はNeutron3Advanced 同梱のVisualMixerをマスターに挿して確認、微調整します。パンの設定もここで変更します。

Neutronの4つのメリット

では、Neutronを使うメリットをみていきましょう。
僕は2つメリットがあると思っていますと言っていましたが4つに加筆しました(笑)

時短ができる

たまにはブログらしく素材をゲットして使ってみたの図

Assistantを使えば時短ができるのがNeutronの最大のメリット。
だって基本的にインサートしてポチッとボタンを押して曲を聴かせたら、いい感じのトラックがはい完成♪って感じです。

まぁ、決して完璧の音になるわけではないですが、EQやコンプなどを挿して設定することを考えればかなり時短になります。

その分、作曲や踏み込んだミックスに時間をかけることができますよ。

お手軽に作品のクオリティーが上がる

Assistantを使えば使うエフェクトの種類、順番、設定を自動的に決めてくれる。優柔不断なあなたでも大丈夫!たぶん。

Neutronは作品のクオリティーが1段階簡単にあがります。
なんてったってインサートしてTrackAssistantをかければ最適な設定のエフェクターをかけてくれるのですから。

こんな楽ちんでいいのか?
いいんですよ。その分ここぞという音を作り込んだり、音量バランスやパンにこだわったりできます。
そこまでしたら作品のクオリティーが2段階あがっちゃうかもしれませんね。
まぁ、どうしましょう(笑)

ミックスに必要なプラグインがほぼ揃う

Neutron3をゲットすれば、ミックスに必要なプラグインがほとんど揃います。
なぜなら、Neutron3はモジュールというエフェクトプラグインの集合体なのです。

内容はグレードによって違うのですが、こんな感じです。

エフェクターElementsStandard/AdvancedElementsの制限
イコライザーダイナミックEQ
コンプレッサー1マルチバンド
トランジェントシェイパーマルチバンド
エキサイターマルチバンド
コンプレッサー2
ゲート
リミッター
Sculptor
Neutron3の各グレード内蔵エフェクター一覧

リバーブやディレイ、コーラスなどの空間系のエフェクターはないですが、それ以外は結構揃っています。

しかもそれぞれのエフェクターが高機能だったりします。
EQはダイナミックEQ対応ですし、ほとんどのモジュールはマルチバンド対応だったりスペアナや波形表示してくれます。
この機能のプラグインを揃えただけでも軽く5万円は超えるでしょう。

前述しましたが、Advancedならそれぞれを個別のプラグインとしてインサートできます。
つまりNeutron3 Standard以上があればミックスの最低限の装備は揃うといってもいいでしょう。

ミックスに興味が持てる

これは僕の個人的な感想なのですが、Neutronを愛用したからミックスの深い知識を得ることができたと思います。

Neutronって使い出した当初はトラックアシスタントを使って自動でやっていきました。
そのうち、それじゃあ満足できなくなって、いろいろいじるようになりました。
Neutronのモジュールって波形やスペアナでのビジュアル表示が見やすいので、いろんな実験ができるんですよね。

だから、いろいろ試すようになったりして、ミックスの深い知見を得ることがてきました。
(まだ道半ばなのでミックスが上手いというわけではないですが上達はしました)

ちなみにOzoneと組み合わせると最強ですよ。
Ozoneのビンテージシミュレートエフェクターも捨てがたいですから。

Neutronの活用法!

Neutronはどんなときに活用できるのか、ちょっと考えてみましょう♪

深夜の2時間DTMで

深夜の2時間DTMで活躍すると思います。
限られた時間で作るのでこういうミックスや音作りの時間も節約できるっていうわけです。

とはいえ、Assistantをかける時間がいるので10分くらいは余分にみておきたいです。

深夜の2時間DTMに初参加してみた!
こんにちは!アンドリューです。 先日、深夜の2時間DTMに初めて参加してみました。 前々からTwitterで盛り上がってて、参加してみたかったんですよね で、お題は「応援歌(曲)」だったのですが、出来上がりの品がこちら ...
深夜の2時間DTM100曲達成したった!(効果と攻略法も)
こんにちは!あんどりゅーです!深夜の2時間DTMで100曲達成しました!ツイートにもあるように、1年で100曲達成しました。約3日に1曲作っていることになるんですね。すっごーい!というわけで、今回は深夜...
【祝】深夜の2時間DTM半年皆勤達成!
こんにちは!DTM大好きっ子あんどりゅーです\(^o^)/この度、深夜の2時間DTMを6ヶ月皆勤達成しました!いえーい!皆勤を最初から狙っていたわけではないのですよ今年1月から6月末までフル出場...

ちょっとした作品にも

短い尺のちょっとした曲にも本当はミックスはちゃんとしたいですよね。
適当に作った曲でもミックスをすればまともに聴こえるものです。

ていうか、人に聴かせるのなら簡易でもミックスするのがDTMerの最低限の礼儀かなぁと。

ミックスって女性で言う、外出のときのメイクみたいなものかもしれません。
ちょっとした作品でも人に聴かせる時はそれなりに気を使いたいものです。

そんなちょっとした曲でも簡単に最低限の礼儀ができるのがNeutronだったりします。

あんどりゅー的使い方

ではここで、あんどりゅー選手のNeutron3の使い方を見てみましょう!(選手って…)

全トラックに挿して

え?Neutronですか?僕は末期なので、先程も言ったように全トラックに挿しちゃいます。
穴という穴に(二度目)
だって(穴が)大好きなんですもの(笑)

まぁ、全部同じだとあれなので、アシスタントの設定で奥行きを出したりしています。
(出ているのかは知らん)

NeutronのあとにEQをかませる

僕はちょっとこだわりがありましてね。
Neutron3はあくまでMixAssistant用で割り切って使うことが多いんですよ。
全トラックに1つずつ挿して音作りの前処理みたいな感じで。
必要があればその後ろにEQ(Pro-Q3)をかましています。

Neutron3ってMixAssistantをかけ直すとモジュールの設定も書き換えられちゃうので。
ほら、シンセの音色差し替える時あるじゃないですか。
それでアシスタントかけ直すと設定が上書きされちゃうのです。
そういうモノだから仕方ないけども。。。

【定番EQ】FabfilterのPro-Q3を買ったから魅力に迫るぞ!【レビュー】
はぁ・・・セールの誘惑に負けて、ついにFabfilterの人気イコライザーPro-Q3を買ってしまいました。だって体験版使っていて使いやすかったんですもの。。。EQはNeutron2のEQでもういいと思ってたんだけどなぁ(笑)というわけで...

Youtube版の解説動画です!

…といったことをYoutubeでも解説しているので、よかったら観てください(笑)
ついでにチャンネル登録していただけるとあんどりゅーが膝から泣き崩れて喜びます。
※現在ほぼ毎日更新中でDTMのお話しています😃

最後に

今回のNeutron3で廃人DTMer計画!というお話はいかがでしたか?
(そんな話だったっけ?)

とにかくNeutron3は多くのDTMerに使われているので、これを使うのが当たり前になっている気がします。もちろん、あえて使ってない人もいますが。

だからこれを使っておけば、初心者DTMerだとは思われないことでしょう。
(言いすぎ?)

というわけで、またお会いしましょう♪

>>PluginBoutiqueでNeutron3のセールをチェックしてみる

■■ 愛用しているDTM機材・プラグインの紹介コーナー ■■
僕が持っている機材のご紹介!一緒の機材でトゥギャザーしませんか?\(^o^)/

■DAW/ハード編
StudioOne5 Professional   使いやすく音抜けのいいDAWソフト。予算に余裕があるのならProfessonalグレードがおすすめ!
Roland OCTA-CAPTURE Rolandのロングセラーオーディオインターフェース。10入力10アウトあるからなにかと使い勝手がよくてお気に入り!ハードシンセやギター、ベース、ボーカルをいろいろ録る時に特に便利!マルチプレイヤー系DTMerにいいかも!
Roland FA-07 76鍵のハードシンセ。鍵盤の感触がいいし、鍵盤数がちょうどいい感じでお気に入り!

■音源プラグイン編
Avenger レビュー記事PluginBoutique
ダンス系で超お気に入りプラグイン。1つの鍵盤押すだけでリズムとベース、ウワモノまで自動で鳴る音色も!これがなかなか楽しいんだな♪
Falcon レビュー記事サウンドハウスbeatcloud
出音がUVIのマルチティンバー音源。音源を足していけるのも楽しみ!KONTAKTはメジャーすぎて好かない人に(笑)
Sylenth1 レビュー記事公式 
ベルとSuperSawは僕の鉄板!SuperSawは存在感ありありでお気に入り!お安くfripSideするならこちらw
Nexus3 レビュー記事公式 
簡単にそれっぽい音出ちゃう音源。ダンス系のDrumのエキパンも超オススメ!ただ少し今っぽさが足りないかな。
Spire レビュー記事PluginBoutique
EDMシンセの中で一番のお気に入り。粒立ちがよくて抜けてくれるので、重宝しています。ていうか愛してます!!
BIG KICK レビュー記事PluginBoutique
ダンス系のキック音源。シンプルなのに使える音源です。値段がリーズナブルなのも魅力。
MODO BASS レビュー記事サウンドハウスbeatcloud
生ベースの音を簡単に出したいのならこれ!
UVI MODEL D レビュー記事
お手頃値段のピアノ音源。出音の好みは分かれるが生のピアノ感がたっぷりあり好きな音源です。

■オーディオプラグイン編
iZotope Neutron3 ADVANCED レビュー記事
噂のAIミックスアシストプラグイン。全チャンネルに挿して使ってしまうくらい癖になる…っていうかこれがなくては生きられないくらい頼り切りです(笑)
iZotope Ozone9 ADVANCED 
   噂のマスタリングアシストプラグイン。これをマスターに挿してマスターアシスタントを掛ければいい感じに気持ちよくなる魔性のプラグイン。
Fabfilter Pro-Q3 レビュー記事PluginBoutique
かなり使いやすいイコライジングプラグイン。EQはこればかり使ってます…。
Waves HOLIZON サウンドハウス
エフェクタープラグインバンドルと言ったら鉄板のWaves。今となっては少し時代遅れだけどもまだまだ使えます。
■その他編
KOMPLETE 13 SELECT PluginBoutique
アンチKOMPLETEだったのですが、悪魔に心を売って買ってしまいました。なかなか使えるプラグインなども多いです!

※2021年1月15日現在。

オーディオプラグイン
Twitterでご感想、質問、ご要望などコメントをお待ちしています!
気に入っていただけましたか?記事をSNSなどで紹介していただけると嬉しいです(*´ω`*)
あんどりゅーのあっちこっちDTMブログ
タイトルとURLをコピーしました