【DTM向けかな?】トラックボール初体験で廃人になった僕が購入した4台をレビューするテスト【その3/4 DEFT編】

こんにちは!いかがお過ごしですか?
伊勢神宮に日帰りでお参りしてきて清まったあんどりゅーです。

今回は、トラックボールマウスレビューの3回目行ってみたいと思います。
本命のトラックボールなので、期待していてください!

シリーズ最初から読みたい人はこちら↓
【DTM向けかな?】トラックボール初体験で廃人になった僕が購入した4台をレビューするテスト【Part 1/4 EX-G編】

目次

DEFT(M-DT2URBK) 人差し指トラックボールマウス

DEFT (M-DT2URBK)
  • 人差し指トラックボールマウス
  • 有線タイプ
  • 赤玉に交換がおすすめ
  • 機能ボタン(戻る/進む/その他3つ)
  • 個人的に一番お気に入り
  • DTMもいける!
一番のお気に入りのトラックボール。DTMで使われてまーす。

DEFTとの出会いと導入した理由は?

DEFTは、EX-Gに続き2台目に購入したトラックボールマウスになります。
親指トラックボールにはまだ慣れてなかったので、「人差し指タイプならどうだろう?」って感じでAmazonに注文。
DTM用PCで使うつもりで導入しました。

※この機種を注文直後、前回レビューのbitraを購入。前後しててややこしくてゴメンね😊

DEFT(M-DT2URBK)レビュー

では、このDEFTのレビューといきましょう。

結論から言うと、一番のお気に入りでメインPCでDTMでもガンガン使っています。
本命のトラックボールになりました(笑)

接続方式は、DTMで使いたかったので「有線タイプ」を選択。
やっぱDTMでは反応が最優先ですよね(え?違う?)

ちなみにこのDEFT黒玉だったけど、赤玉を別途購入して取替えました。
黒玉はやっぱそれなりといった感じ(安いけど)。

で、赤玉に替えてどうなのよって?
やっぱり赤玉サイコーでやんす!\(^o^)/

ちなみにトラックボールの玉はサイズが大体決まっていて、取替可能なんです。
DEFTも今までレビューしてきたEX-Gbitraも直径34mmタイプなので、それぞれで取り替えたりもできます。

では、肝心の人差し指トラックボールの使い心地はどうなんでしょうか?
(ていうかbitraでもう体験してしまったけども(笑))

やっぱり人差し指トラックボールは、人差し指を使うので繊細な作業向きですね。
なんなら、中指を添えてさらに繊細な作業もできますし(なんかエロいけども)

ただし、サイド左クリックホイールがあるので慣れはいります。
戻るや進むボタンもサイドにあるので、気を抜くと間違えて押しがちです(笑)

ちなみにチルトホイール対応横スクロールも対応しているので、ヘビーユーザーでもOK。

使い心地とか、赤玉にしてからのかっこよさとか、トータルでは今回の4機種の中では一番気に入ってます。

DTM用としてはどうかな?

では、DEFTはDTM作業でどうなのでしょうか?

結論、DTMでもガンガン使えます。
慣れはいりますが、慣れればマウスに戻れません😎

ボールコントロールを人差し指でできるから、DTMの繊細な作業もできます。
(赤玉に交換も必須ですが)

しかし、思わぬ落とし穴があったのです。
ピック持ちながら左クリックできないのです!

左クリックが左サイドにあり、それを親指でクリックするのですが、ピック持ったままではできない…。
ギターやベースを弾きながら作業する人は要注意です。

僕は対応策として、上部拡張ボタンに左クリックを割り当てました。
これならピック持ちながらでも、左クリックもできますよ。
(強引だけども)

今のところ、DTMで使っていても満足していますよ。
カッコいいし(笑)

DTM用のPCで鎮座するDEFT。赤玉にするとめっちゃカッコいいです(個人の主観ですが(笑))

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

名古屋のDTM愛好家。打ち込み歴は35年。キーボードプレイヤー。打ち込み中心にコピー、作曲などで活動中。
昔のFalcomゲーム(イースシリーズやソーサリアンなど)のBGMコピーも。
fripSideが好きで曲コピーやってます!
オリジナル曲も歌もの、BGM問わず作っています。

あんどりゅーのあっちこっちDTMちゃんねる
あんどりゅーのfripSideコピー工房
あんどりゅーのレトロPCゲームミュージック工房


■主な使用機材、ソフト。
【DAW】StudioOne 6 Professional(Windows版)※3.5から使用
【ハードシンセ】Roland FA-07など



※当ブログはアフィリエイトプログラムにて運営しています。売上の一部を国境なき医師団に寄付させていただいています。

目次